かめぢからケージ

かめぢからケージアドバンスは、リクガメ・ハコガメ飼育のために作られた専用ケージです。

※価格は全て税込表示です。

リクガメやハコガメの飼育に特化したケージです。さまざまなメーカーから爬虫類ケージが出されていますが、そもそも爬虫類ケージ=爬虫類に対応した水槽、しかし、樹上性トカゲとリクガメは同じ爬虫類ですがまったく飼育環境が異なります。これらを同じ爬虫類ケージでカバーするというのは無理があります。他爬虫類ケージメーカーの開発者よりも遥かに経験と知識がある私が言うのですから間違いありません(なんつったって小学生の卒業文集で「将来、爬虫類で天下獲る」って書いたほどの私です。その時代に爬虫類ショップや爬虫類というペットは存在してません。私の爬虫類人生は、「プロ野球選手に憧れて、プロ野球選手を目指す」等とは悪いけど次元が違います)。

そんな私の理論から言うと、爬虫類を飼育するためにはその種類にあった形(空間)が必要だということです。その空間を提供し、なおかつカメにとって必要な紫外線や保温設備を絶妙にセッティングできるのがこのかめぢからケージアドバンスです。

かめぢからケージアドバンス

デコレーションリーフ(¥1,500-)やエサ皿(¥300-)も是非お試しください。 デコレーションリーフ


かめぢからケージアドバンスのさまざまな特徴

夏と冬とでカバーを着脱して保温効果を変えられます。

ケージ正面の上部に取り付けているカバーを取り外すことにより夏場は通気性を高め、空気の流れを良くし、高熱を逃がしますはカバーを取り付けることによりケージ内部の断熱を高めることができます。市販の爬虫類機材と合わせて夏も冬も快適にカメが過ごせる環境を作れます。カバーの着脱はネジで簡単にできます。

底板の下敷きを交換できます。

かめぢからケージは木製で温かみがある作りです。おしゃれなデザインですが、木製なため、床材と接している底の部分は痛みやすいです。そこでケージの底の部分には1枚の板が入っており、これを交換することによりケージ本体の底の部分は長持ちするようになっています。

掃除、床材交換がしやすいです。

観音開き、スライド式ガラスの爬虫類用ケージに比べてはるかに掃除がしやすいです。たとえば全床材交換は15分もあれば余裕でできます。正面ガラス部分の大きく下に開くため幅広い開口と作業のしやすさを実現しています。また底面が木であるためシャベルで床材を掘って交換などができます(お勧めは「ちりとり」ですくうようにやると早いです)。ガラス製の爬虫類用ケージは側面(ガラス)と底面(一部ガラス)が割れやすいため力加減を考えて床材交換をしないといけません。あ~めんどくせえ。かめぢからケージならガンガン掘って古くなった床材を捨てて新しい床材を入れる、底の部分が傷んできたら新しい底板に交換して床材を入れる。スピード作業を実現しています。


木製なので改造も可能です。

保温球などをセットするステッパーがついていますが、お好みで針金を用いて好きな場所にライトなどを吊るすことが可能です。ケージの上面に暖突や蛍光灯台などを吊るす穴があらかじめ空いていますが、ご自分で穴を増設し、お好きな場所で針金を通して機材を固定することも可能です。ガラス水槽ではもちろん穴は開けられません。木製だからこそ実現可能なカスタマイズです。

ラックなしでケージのみで積み上げ・展示が可能です。

これすごく重要です。他メーカーの爬虫類ケージはケージ同士を直接積み上げることができません。必ずラックを別で購入し各断層にケージを載せて展示します。当かめぢからケージはケージ同士を直接積み上げることが可能です。店頭では3個積み上げて使用しておりますが、2011年にあった東北大地震でもびくともしませんでした。ケージ1個当たり80kgの人が乗っても平気な作りになっています。ケージ1個の重さは約17kgほどです。ぶん投げてもガラス面が下にならなければ壊れません。他メーカーのは積み上げ不可能ですぐに壊れます(これ事実)。ケージを3個積み上げてリクガメを飼育するお部屋はまさに壮観でしょう。

部分破損に対してオプションパーツでカバー。

万一、ガラスが割れてしまった場合などケージを丸ごと買い替える必要はありません。右記のオプションパーツにて交換ができます(交換自体はお客様ご自身で行います)。例としてガラス扉を破損してしまった場合は、割れた方についている留め具を新しいガラス扉に付け替え、兆番の部分から割れてしまったガラス扉を外して(ネジをとれば外れます)、新しいものに交換すればOKです。

このようなモデルも制作可能です。特注モデル制作例

かめぢからケージメープル

通常こげ茶ですが、+1,000円でメープル、ブラックの塗装も選べます。かめぢからケージ900 メープル / ブラック 24,000円

a

両面開閉式扉モデル

こちらは裏側もガラス仕様で開閉式の扉になっているモデル。サイズは70(幅)45(奥行)60(高さ)cmとなります。正面部分はかめぢからケージアドバンス900と同じ機能、保温カバーが付属しています。後ろ側はカバーはなしという作りです。通常のかめぢからケージと同じく上部分にライトや暖突などを設置でき、カメを観察する際にそれらが目に入らないよう隠れる作りになっています。機材を隠すことによってケージの中に最高のリクガメ世界観を創りだします。
価格は32,000円となります。

フクロモモンガ用木製ケージ

高さ60㎝のモモンガ用ケージです。付属の足場をお好きな位置に固定できます(ドライバーにて固定可能/ネジも付属)。前面がガラス仕様で非常に美しく見えます。木製ケージの壁は汚れに強く、汚れが目立ちませんし、付きません。フクロモモンガは地面に糞や尿をする習性から床材を交換していくだけで綺麗な環境が保てます。事実、私はケージの床材交換以外掃除はしないで8年もフクロモモンガを飼育し、自家CBも多く産出しています。このサイズのケージで1ペアの飼育が可能です。価格は17,000円です。

かめぢからケージ特注サイズ 90x60x60cm

奥行きが60㎝あるモデルのかめぢからケージのオーダーが入ったので参考までに掲載いたします。奥がかなり広いです。大人一人が余裕で入れるサイズに仕上がっています。こちらのサイズで48,000円となります。

バックルーム、ペットホテルで大活躍中!

かめぢからのバックルーム、ペットホテルに大活躍中のケージです。上部のスノコと組み合わせるタイプで通気性が高く、積み重ねた際にケージとケージの間のスノコ部分に機材を設置するための広い空間が確保ができるモデルです。メタハラ(ソラーレ)を中央部に設置してケージの真ん中に仕切りを作り、一つのケージを2部屋に分けて使うことが可能。14㎝以上あるリクガメの場合は仕切りを外して一つのケージとして使用もできます。
ケージ90(幅)45(奥行)50(高さ)cmとスノコセットで33,000円になります。

とくちゅうサイズのかめぢからケージもつくれます これ以外にも幅120cmサイズのかめぢからケージアドバンス、幅90cmで奥行きが60cmあるかめぢからケージなど制作可能です(4~5万円)。

ケージセッティングサービス

リクガメの飼育においてケージのセッティングが大変だという方のために、ケージセッティングサービスも行っております(要予約:2,000円、当日は3,000円)。かめぢからケージをご購入され、ライト類や保温器具のセッティング、床材を敷く、配線をする、初心者の方でおおよそ2時間くらいかかります。ライトの微妙な角度や照射距離などを考えるともっと時間がかかるかもしれません。こういったケージのセッティングを私が引き受けます。

もちろん、ご自分でセッティングされ、飼育環境/設備について深く理解することも大切ですが、こういった作業が苦手な女性の方へは特におすすめのサービスです。予めケージセッティングをご依頼され、店舗にて引き渡し、その際にカメをご購入され、ご自宅に持って帰ってすぐに飼育を始めると言ったビギナーのお客様も大勢います。是非ご利用ください。

写真のように倉庫にてケージのセッティングを行い、照明器具などの動作確認をし、お客様へのお受渡しに備えます。お客様がご来店の際にはこのままの状態で各機材の説明などをいたします。セッティングに使用する針金や両面テープなどはすべてサービスです。超便利なサービス!利用するっきゃない。このままケージを車に積んでいただき、カメさんとともにご帰宅。その日からリクガメの飼育をスタートできますよ。