過去販売生体

過去販売生体

※価格は全て税込表示です。

アイボリーケヅメリクガメEUCB
学名:Geochelone sulcate var

SOLD OUT  ¥275,000-

動画あり

アイボリーケヅメ。去年のCB。2016年はコンスタントに孵化したようで3頭も輸入できました。今回もとても良い個体がいたのですぐ許可を申請し、輸入。なんていうんだろう、白いだけでこんなにも綺麗なのかと。大きくなることを除けば本当にヘルマンに劣らないほど活発で人馴れもするカメで最高です。

アナムールギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca annamurensis

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

4年か5年ぶりくらいの入荷。何故入荷しなかったか?以前はトルコのファームで増やされていたCBがEAG(イーストアナトリアンジャイアント)とともに少しずつでありますが、輸入されていました。お客様の強いプッシュもあり、常にアナムールを探していたこともあり、今回輸入にこぎつけました。

ニシヘルマンリクガメEUCB
マヨルカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

上のペアからのCB!可愛いです。アプーリアに比べるとオレンジがかった甲羅の色が魅力です。まだまだ小さいですが、かなり素早く動き、エサをモリモリ食べています。今回入荷したアプーリア産のものとは色彩で簡単に区別がつくので面白いです。

ニシヘルマンリクガメEUCB
アプーリア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥39,900-

動画あり

アプーリア産のニシヘルマンです。これでも生後4か月の個体です。まあ、ニシヘルマンはハッチが小さいので。。。ベビーからじっくり飼いこんで日々の成長を楽しみたい方にお勧めです。エサ食い良好、タンポポ、ヘラオオバコ、小松菜などをよく食べています。ソラーレ70UVなどの強めの紫外線灯を必ず設置して飼育に臨みましょう。

マルギナータリクガメEUCB2016
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥16,000-

動画あり

う~ん、これもまだ小さい!こちらも10月末現在で生後3か月という所です。ご購入はベビーの飼育に自信のある方にお勧めです。初心者の方はもっと大きく、体力が十分についている個体を選びましょう。店舗で十分に育てて価格を上げて再アップをしたいと思っています(゜∀゜) 今ならちょっとお安め。

パーケリーナガクビガメEUCB
学名:Chelodina parkeri

SOLD OUT  ¥39,900-

お上品で好き。今にも消えそうな感じの淡い甲羅、白いグラデーション、気品がある顔。たぶんナガクビの中で一番好きかも。オブロンガ、エキスパンサ、ステインダックネリーなどとんでもなく高価なナガクビがいますが、純粋に見て、パーケリーが一番かっこいいと思います。そして、パーケリーはまあまあ飼いやすい。うん。冷凍赤虫、時折刻んだピンクマウスなどでがっちり育てましょう。水はカルキ抜きをした水を使用し、浅くしましょう。まだベビーで遊泳能力は低いため濾過とかない方が良いです。

マコードナガクビガメEUCB
学名:Chelodina mccordii

SOLD OUT  ¥55,000-

マコードナガクビガメ。思ったより大きなベビーでかなり満足。マコードの生まれたては本当に小さくてフニャフニャしているから、ハッチをここまで育てるのは大変なんですぞ。写真を撮影してあらためイケメンなナガクビだと実感しました。貴重、2個体完品。
冷凍赤虫、刻んだピンクマウス、冷凍エビ、乾燥エビなどを食べています。バラエティー豊かなエサでがっちり育てましょう。配合に餌付いたら価格を上げます(゜∀゜)

ブラジルレインボーボアEUCB
学名:Epicrates cenchria cenchria

SOLD OUT  ¥35,000-

皆さん、聞いてください。私の中では非常に伝説的なヘビです。小学生の頃、私はこのヘビのことをボーボアと呼んでいました。教養のなかった私はレインボーの意味を知らず、レインボーボアではなく、レイン(雨の日)にボーとしているボアという名前だと思い、レイン ボーボアと呼んでいました。ヘビには全く興味のない、家族や友人に囲まれて育ちましたから、もちろん誰もこの間違いを教えてくれず、かなり長くボーボアだと思っていました。

ホウセキカナヘビ メラニスティック
学名:Timon Lepidus var

SOLD OUT  ¥68,000-

小学生の頃からたくさんの爬虫類図鑑を持っていましたがどの図鑑にも必ず載っていたホウセキカナヘビです。「ヨーロッパのトカゲって全体的に超小せえんだな」とか、少年時代にホウセキカナヘビからいろいろ学んだのを覚えています。はっきり言って私が好きなトカゲ、ベスト20にランクインしている種類です。ホウセキですよ宝石。英名のJeweledlacertaから来ていると思うんですが、見事なネーミングですよね。日本では屋外飼育にて冬眠もできますし、最高のトカゲじゃないですかね。

ユンナンベニナメラ
学名:Orecryptophis porphyraceus pulchra

SOLD OUT  ¥68,000-

LTC(長期飼育個体)のユンナンベニナメラです。小さなベビーよりずっと飼いこみ。気づけばこんなにでかく雌雄が判別できるまでになっていました(おそらく♀)。HPをリニューアルし、らかぢめかに掲載できるものはないかと探していたらコヤツが目にとまった。冷凍ピンクマウスLを食べています。非常に安定したエサ食いと健康状態で、ほんとだったら売りたくない種類なのですが、わが社を盛り上げるためにひと肌脱いでいただくことにしました。

マレーベニナメラ
学名:Oreocryptophis porphyraceus laticinctus

SOLD OUT  ¥33,000-

ドイツCBのマレーべニナメラ。このあたりのヘビは個人的に好きです。ワイルドは特に飼育が難しいとされ、CBも神経質で弱い一面がありますが、動きも早くなく、ハンドリングしやすい。脱水と高温に注意ししっかりと環境に慣らして育ててればメキメキ大きくなります。特筆すべきは何と言ってもその美しさ。本当に美しいヘビですね。ピンクマウスSを食べています。とりあえず当方で4か月飼育していますので安心個体だと思います。

アムールラットスネーク
学名:Elaphe schrencki shrencki

SOLD OUT  ¥13,000-

別名カラダイショウ。好みは分かれるかもしれませんが、とても丈夫で飼育しやすいヘビです。日本での冬眠も可能な種類です。性格は温和だと言われますが、当方の個体はエサへの反応が凄まじく早く、ハンドリングしようとするとエサだと思って噛まれそうなのでまだ触ったことはありません。ビビっててすいません。なんかわからないけどいつも狙われてる感じがする。。。。(゜∀゜)

コーンスネークアルビノ
学名:Elaphe guttata guttata var

SOLD OUT  ¥5,000-

かめぢからCBのアルビノコーンスネーク。赤系がかなり強いアルビノです。冷凍ピンクマウスS~Mを食べています。息子がヘビ好きで、彼のヘビ飼育を手伝ううちにブリードできたり、売ったりと楽しませていただいております。最近小学1年生になったら息子はピンクマウスの解凍からピンセットでエサやりまでできるようになりました。

初心者向けヘビの代表種でしょう。

タガメ
学名:Lethocerus deyrollei

SOLD OUT  ¥4,900-ペア

タガメ(田亀)です。少年時代の憧れとも言いましょうか、子供のころ欲しいなあと思いよく見つけに行くのですが、自分の住んでいる地域には絶対いない水棲昆虫で、神みたいな存在でした。今では大人の知恵を生かして業者さんから仕入れている姑息なカメボスです(゚∀゚) 去年仕入れた個体で、無事に冬眠させて今に至ります。

セマルハコガメ国産CB
学名:Cistoclemmys flavomarginata shinensis

SOLD OUT  ¥35,000-

国産CBのセマルハコガメです。ベビーと言うよりほぼSMサイズのCB。ハコガメの飼育に挑戦したい方にはとてもお勧めです。もう、30年くらい前からペットとして流通しているセマルハコガメですが、いまだに安定と言うか不安定。いると思うとすぐに市場から姿を消します。専門店でないとなかなかお目にかかれない種類になっているのではないでしょうか。配合飼料OK、人にも慣れていて見ている前でもバクバクエサを食べる個体たちです。

ミツユビハコガメ
(スポット)EUCB 2014
学名:Terrapene carolina triunguis

SOLD OUT  ¥39,900-

かなり良い感じで成長しているミツユビ君。再アップとなりますが、まあ、見てください。ここにきて食べるエサの量も増えています。模様も出てきて頭部もがっちりしてきました。アメハコの中では甲羅が丸みを帯びる亜種でガルフやトウブとは変わった印象を受けます。様々な模様が出る血統です。エサ食い良好、配合OKです。

ミツユビハコガメ
(レッドトップ)EUCB 2014
学名:Terrapene carolina triunguis

SOLD OUT  ¥42,000-

こちらのミツユビもEUCBの隠し飼いこみCB。仕上がっています。上の血統は違うタイプで、見ての通り甲羅に模様が出ていませんが、皮膚がピンク色になってきたので満を持して販売開始。いわゆるレッドトップと言われる顔が赤くなるタイプで、甲羅ではなく頭と皮膚の色で勝負する個体です(゜∀゜) このタイプは肌の色が赤っぽくなり、いや、中には鶏のトサカみたいに赤くなる個体もいて、甲羅は地味なのですが、成長が楽しめる個体たちです。

トウブハコガメ国産CB2014
学名:Terrapene carolina carolina

SOLD OUT  ¥36,000-

こちらは国産CBのトウブ。2014年の8月~9月生まれの個体です。はっきり言って入荷当初は売りに出せるようなものではありませんでした。小さすぎ。弱弱しいし、これを「いいよ」「トウブはニシキに次いで希少だよ」とか言って販売することは私の正しい人間性が許しませんでした(゜∀゜)しょうがないので1年くらい飼育して大きくしましたよ。今回いい感じでアメハコが揃っているのでトウブも販売開始です。エサ食い良好です。配合飼料とフルーツのミックスを食べています。

サラドロガメ
学名:Kinosternon integrum

SOLD OUT  ¥24,000-

珍種。サラドロガメです。ものすごく激レアなわけでもない、一般的な種類というわけでもない、人気もない、知ってる人もあまりいない、飼ったことあるよって人は実はマニアでもほとんどいない…というような、微妙な種類。微妙なカメベスト20があったら間違いなく入る種類でしょう。学名はかっこいいです。インテグラムですよ。「俺んちにインテグラムいんだよ」なんて会話に挟んだらなんだかイケててかっこいい人だと思われること間違いなし。整った形でかなり綺麗な個体たちです。

ハラガケガメEUCB
学名:Claudius angustatus

SOLD OUT  ¥53,000-

生粋のEUCBハラガケです。入荷後すぐに、配合飼料を食べてくれました。まだベビーなので甲羅の形が少しいびつな感じがありますが、成長とともに卵型/オーバルにまとまってきます。無駄に肉がついて無駄に噛みまくってくるカメなのですが、成長した甲羅の形には無駄がないように思えます。特にカメ類で最軽量ともいえる腹甲は素晴らしい進化の証でしょう。この部分がパワフルな四肢と素早さを生み出しているのです。

オオアタマヒメニオイガメEUCB
学名:Sternotherus minor minor

SOLD OUT  ¥9,900-

ヨーロッパCBのオオアタマヒメニオイガメです。ロガーヘッドとも言います。配合飼料に餌付いていますが、甲殻類や貝などを与えることにより巨頭化を狙えます。最終的なサイズも小型でとても良い種類。完品です。

ミツウネオオニオイガメ♂
学名:Staurotypus tripocatus

SOLD OUT  ¥55,000-

ミツウネオオニオイガメのオスです。メスをお持ちの方は是非。もちろん、この個体を単独飼育で展示しても絵になります。配合飼料も残さずに食べるので水もあまり汚れません。完品ですが成長個体なのでスレ等有。

マタマタ ベビー
学名:Chelus fimbriatus

SOLD OUT  ¥18,900-

木の葉ガメこと、マタマタ君です。かなり久しぶりの入荷です。とにかく成長が遅めの種類なので巨大化するミズガメとしてはヒッジョーに飼育しやすく将来の計画も立てやすい種類です。小さいながらも「バフッ」と小魚を吸い込む狩は圧巻です。基本的には生き餌しか食べませんので、メダカを与えます。そしてメダカには栄養を与えてしっかり太らせたメダカを与えると良いでしょう。落ち葉などを入れて雰囲気を楽しみつつ、低温に注意して飼育しましょう。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB
マケドニアCB
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥18,900-

動画あり

かめぢからにはいなくてはならないカメ、ヒガシヘルマン。ここ最近完売が続いており焦っているというか罪悪感がひしひしと。今回も非常に良い大きさ、がっちりもっこりした頑丈に育ったベビーが入荷しています。物怖じせずに愛嬌がある性格、ビギナー向けのリクガメで激しくお勧めします。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥17,500-

今回のメインはこのヒガシヘルマンリクガメです。良く動く性格、丈夫な体力、あんまり大きくならないサイズとこれからリクガメ飼育を始めたい方にモーレツにお勧めな種類です。今回は甲長5cm以上あるがっちりベビーをブリーダーの元で見つけたので全部もらってきました。4cmだと小さくてちょっと心配、6㎝だと大きくてちょっとベビーとは言いにくい、お客様に一番喜んでもらえる絶妙なサイズがこの5cmなのです。可愛さ、逞しさ、有望な未来を兼ね備えた良いタイミングの個体たちです。

ニシヘルマンリクガメEUCB
サルディニア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥42,000-

サルディニア産のニシヘルマンです。見事なコントラストで「これぞニシ、ヒガシとは違う色!」と誰が見てもわかる個体だと思います。甲長5cm近くまで育った個体なので、しっかりとして設備で飼育に臨めば初心者の方にもお勧めです。ニシヘルマンはとにかく歩くのが早い。素早い。テカテカテカ無限に歩き続ける様(さま)はマシーンのようです。エサ食い良好です。3番、4番売り切れました。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
マケドニア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥39,900-

お待たせいたしました。旧イベラギリシャリクガメ マケドニア産です。一昨年イベラが全く入荷しなかったことをショックに数年前からヨーロッパ中のブリーダーに声をかけて、今年は産地はバラバラですが、ちょびちょび入荷してきています。サイズが小さめの個体が多く、ビギナーの方にはより大きなヘルマンをお勧めしておりましたが、今回入荷したイベラはビギナーの方にも強くお勧めします。最高の個体です。

旧イベラギリシャリクガメEUCB 2009
ブルガリア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥55,000-

動画あり

体とは別血統のブルガリア産。2009年CB。年の功ということでやっぱ3個体の中で一番大きいです。♂個体になります。オスのシングル販売などなかなかないので探していた方はお勧めです。こちらはお買い得ではないのですが、ブルガリアにこだわりたい方にお勧めです。もちろん、丈夫なサイズで人にもすごく良く慣れていて飼育はしやすいです。

マルギナータリクガメADペア
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  価格応相談(ASK)

動画あり

即繁殖可能。どちらも産卵経験有のペアです。末広がりなスカート、野性を彷彿させる黒いボディ、大きさ見事な個体たちだと思います。100万円の札束握りしめて日本中のショップ、イベントを周っても買えないでしょう。売っていませんから。当マルギペアは100万円もするわけではないですよ。でも、100万出しても他では入手できません。

バブコックヒョウモンガメEUCB
学名:Stigmochelys pardalis babcocki

SOLD OUT  ¥18,500-

動画あり

ヒョウモンガメCBです。商業ルート向けに増やされたCBなのでランチングなどの個体よりもクセがなく飼育がしやすいでしょう。なんていうか、清潔感もあるように見えます(それでもカメを触った後は必ず石鹸で手を洗いましょう)。エサ食い良好のベビーです。最近ではケヅメやヒョウモンがどれくらい大きくなるかよく知れ渡っている様子で、購入される方の将来設計の手堅さを感じます。カメにとっても幸せな事で嬉しく思います。

ソマリアヒョウモンガメEUCB
学名:Stigmochelys pardalis ver

SOLD OUT  ¥88,000-

動画あり

ソマリランドヒョウモン。純粋なフランスCBです。研究者によっては他のヒョウモンと別亜種にするほどの怪物ヒョウモンです。とにかく親サイズはでかく、模様が消失している個体もいます。上のバブコックヒョウモンと比べると価格が。。。。まあ、数年に一度流通するかしないかの珍種ですので高価と言えば高価です。2016年、今年のベビーだと言うのにもうこれほど大きく、がっちり丸々しています。成長が早そうですね。

エミスムツアシガメEUCB2015
学名:Manouria emys emys

SOLD OUT  ¥39,900-

動画あり

玄人好みの黒いカメ、エミスムツアシガメです。エサ食いOKです。1日~2日で慣れると思ったがやはりカメラを向けると慌てて逃走しやがります(゜∀゜) がっちりとした漆黒の甲羅で縁のトゲトゲなど、魅力的な部分はぬかりありません。大きくならなければもっと人気が出ると思うんだけどなあ。大きさがいいって方も多いようですが。いつもこの種類を購入されるのは男性。。。女性のリクガメファンも是非!

本物 ヒガシベルセオレガメEUCB
学名:Kinixys belliana belliana

SOLD OUT  ¥78,000-

K. b. nogueyi ノギュイ(ニシベルセオレ)じゃくなて基亜種のK. belliana belliana ベリアナベリアナです。もういいです、ほんと。このカメの価値がわかる人いなくてもいいですよ。即見してすぐに種類わかる人いませんよ、これ。ロバツィ、ゾンベンシスに続きかめぢからさんがやってくれました。国内の書籍でヒガシベルセオレやK.belliana bellianaとして紹介されているカメほとんどノギュイです。

アカアシガメEUCB
学名:Chelonoides carbonaria

SOLD OUT  ¥15,800-

ドイツCBのアカアシガメです。湿度を高めに保ては通常のリクガメと同じような飼育でOK。エサも野菜から果物までなんでも食べます。状態良好。リクガメというよりもエキゾチックタートルな感じです。完品個体です。
2月22日更新時の最新画像を追加いたしました。3個体とも黄色みが強く、美しい個体に育ってきています。
頭部などがっちりと育っておりややボリュームがでてきました。現在8~9cm位の甲長です。

ミツユビハコガメESCB 2014
学名:Terrapene carolina triunguis

SOLD OUT  ¥42,000-

2014年スペインCBのミツユビハコガメです。2年半ほどじっくり飼いこみました。模様が色彩が出てきたので今年最初の新入荷生体として出してみます。アメハコなのでまあ、そこそこ警戒心がありますが、一応カメラを向けても一目散に逃げず、こちらをじっと覗いながらエサを食べるくらい慣れています。ニワトリのような紅が出始めている個体、スポットが出ている個体などこの先も有望だと思います。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2015
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥18,500-

動画あり

がっちり育ったサイズのヒガシヘルマンCBです。生まれたばかりの個体をちょっと心配だ、という方にお勧め。今回の個体は顔が白っぽく、黄色い部分の面積が広く、ほっぺたもイエローチークな個性ある個体だと思います。他のヘルマンとは少し違う表情のヘルマン、とてもかわいいと思います。人にも慣れていて物怖じせずにエサをがつがつ食べに寄ってきます。ビギナーの方でも安心して飼育を楽しめます。

アイボリーケヅメリクガメCB
学名:Geochelone sulcata var

SOLD OUT  ¥275,000-

動画あり

アイボリーケヅメ。とても綺麗です。背甲お腹甲もお肌も綺麗。背甲はこのサイズにしてしっかりとした高さがあり、将来ヒッジョーに有望な個体だと思います。カルシムを多く含んだ野草や野菜で普通に飼育すれば普通にすごい個体になると思います。14年ほど前に初登場したモルフですが、流通量は今だに少なく価値は鉄板となっていようです。ボールなんて1年でガタ落ちするのにねえ。

ニシヘルマンリクガメADペア
マヨルカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  応相談-ペア

即繁殖可能。というか、繁殖経験有の個体です。このペアからのCBも今回入荷しています。

ニシヘルマンリクガメEUCB
マヨルカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥98,000-

レア。ニシヘルマンリクガメのシングル♀です。トリオ販売も検討しましたが、上のペアがすでにベビーを産出していて相性が良いようです。こちらは単体販売といたします。エサ食い良好。生後5年の個体でちょうど繁殖ができる年齢です。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥15,800-

動画あり

今回2頭サイテス枠があったので入れてみました。頭の色がブラックなヒガシです。甲羅のかなり黄色みが強く美しい個体だと思います。寒さに強いとってもまだベビーなのでしっかりとした飼育設備で飼育に臨んでください。エサ食いなどとても良いです!

ペロポネソスフチゾリリクガメ
EUCB2016
学名:Testudo marginata weissingeri

SOLD OUT  ¥36,000-

動画あり

とんでもなく小さめのベビーです。10月末現在で生後3か月という所です。ご購入はベビーの飼育に自信のある方にお勧めです。初心者の方はもっと大きく、体力が十分についている個体を選びましょう。かめぢからにて十分に育てて価格を上げて再アップをしたいと思っています(゜∀゜) 今ならちょっとお安め。

ニシヘルマンリクガメ
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥46,000-

動画あり

サルディニア産からのCBです。今回入荷の個体は生年月日がはっきりとサイテスに記載されていました。カメ屋をやっていてこういった情報なども大切にしていきたいと思っています。その個体を歴史を知る意味で重要ですし、カメに対する愛情もより強くなりそうです。
大きくても4㎝~5㎝の個体(それでも生後1年くらい)しか輸入がないニシヘルマンの中にあってこのサイズでの入荷は希少です。

旧イベラギリシャリクガメ
EUCB 2011 ブルガリア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥45,000-

ドイツCBのイベラギリシャ。2011年8月1日生まれ。種親はブルガリア産のイベラギリシャです。こちらはお買い得ではないのですが、ブルガリアにこだわりたい方にお勧めです。もちろん、丈夫なサイズで人にもすごく良く慣れていて(今回入荷した中でこの3個体が一番人懐っこい)飼育はしやすいです。
白っぽい甲羅は光が乗りやすく加工したような画像になってしまうので、一番綺麗じゃない画像をあえて載せています。

旧イベラギリシャリクガメ
EUCB 2011 ブルガリア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥45,000-

ドイツCBのイベラギリシャ。2011年7月22日生まれ。上の個体とは兄弟です。種親はブルガリア産のイベラギリシャです。こちらはお買い得ではないのですが、ブルガリアにこだわりたい方にお勧めです。もちろん、丈夫なサイズで人にもすごく良く慣れていて(今回入荷した中でこの3個体が一番人懐っこい)飼育はしやすいです。
随所随所の黒が目立つ、非常に美しい個体です。

ギリシャリクガメSMサイズ
ヨルダン
学名:Testudo graeca ssp

SOLD OUT  ¥11,000-

動画あり

ヨルダンより入荷のギリシャリクガメです。ヨルダンと言ってもヨルダンのみで採取されているわけではなく、近々の国で採取されたものが、一番サイテスの取りやすい国ヨルダンに運ばれそこから日本に来ます。そのため、一概にヨルダンと言っても模様は様々な個体が存在するわけです。やはりこのあたりのカメは何頭かケージで飼育すると絵になりますね。

ガルフコーストハコガメESCB
学名:Terrapene carolina major

SOLD OUT  ¥36,000-

ガルフコーストハコガメESCB。個体差もあるのですが、リクガメよりも警戒心があり、人に慣れない野性的な面が好きです。エサを与えて遠くから見ているとよく食べます。人が近づくと配合飼料を一本で多く咥えて逃げようとアタフタします。ベビーでありながらも凄まじさ、生き抜くことの厳しさが伝わってきます。「君たち野生だったら1分で他の動物に食われているな」という慣れ慣れした爬虫類が多い中、気を許さないアメハコならではの魅力があると思います。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB
スロベニアCB
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥18,900-

ヒガシヘルマン君が完売してしまったのでとりあえず補充。かなり光沢があって綺麗な個体です。ビギナー向けのリクガメで激しくお勧めします。飼い始めたばかりでも人を恐れずにエサをくれると思ってガンガン近寄ってくる、温帯に生息している種類であるため日本の気候にも慣れやすいなど、素晴らしい種類です。

ケヅメリクガメ トーゴCB
学名:Geochelone sulcate

SOLD OUT  ¥24,000-

基本種ではないと思うけど、リクガメの代表格的なところがあるケヅメ。成長しきったサイズはとても大きくなるため、飼育者を選びます。故に基本種ではないです。大きく育てて、犬のようにハグしたい(抱きしめたい)という方にお勧めです。最初はケージで飼育できるリクガメですが、成長に従い大きくなります。中型犬/大型犬を飼育するようなイメージが作れれば飼い主もカメも幸せになれるでしょう。この種自体は丈夫で、神経も図太いので、すぐに飼い主に慣れると思います。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
トルコ産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥32,000-

旧イベラギリシャリクガメ、トルコ産です。前回とは違う種親から産出されたCBで、かなり黒っぽい個体も混じっています。腹甲は黒の割合こそ違いがありますが、その出方はどれも似た感じで同じ親からのCBであることを再確認できるでしょう。とりあえず大きめで甲羅ががっちりしている個体から販売をお勧めしております。どの個体もエサ食い良好で、かなりの量をエサを食べてくれます。

トウブハコガメEUCB
学名:Terrapene carolina carolina

SOLD OUT  ¥55,000-

隠し持っていたトウブを出してみようかな。去年輸入したトウブハコガメなんですが、なんとなく、「今は売りたくない、飼育をしてみたい」と言うことでプライベート化してたトウブ。かなり大きくなり、エサも配合飼料に完全に餌付いているので仕上がり◎の個体です。色が濃い目の赤茶色なので将来ドギツイ色彩がでてきそうです。目つきもキツイので、やっぱドギツイ方面だと思います。

ホウセキカナヘビADペア
学名:Timon Lepidus

SOLD OUT  ¥69,900-ペア

とても良いペアがたくさんおりますので、1ペアだけ販売に回します。
今年はこのまま屋外飼育で冬眠させていただき、来年すぐに繁殖すると思います。オスの頭が巨大でメスを食うじゃないかと思われますが、同種間では温和で喧嘩もしません。オスはすごくかっこいいし、ブリードも楽しめるので個人的すごくお勧めです。90×60×60㎝くらいのケージで飼育するとよいです。