過去販売生体

過去販売生体

※価格は全て税込表示です。

インドホシガメEUCB2018 インド産
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥79,900-

お前ら男だ。11月にあれだけかめぢからニュースで嫌味言ったのに、それでも購入するんですか(’▽’) 今、他で流通している個体は前回ちょうどお話したヨルダンのインチキサイテスを使って日本に輸入された元密輸個体です(詳しくは今回のかめぢからニュース12月21日をご参照)。卸する機会をうかがっていたみたいだし、売出しにくかったんだろうな。。。当店のインドホシは見ていただければわかる通り、クオリティーが違います。

インドホシガメEUCB2018
スリランカ産(セイロン産)
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥149,900-

私いま39歳くらいなんですが、30年くらい前にセイロンホシガメと呼ばれていたタイプだと思います。昔の図鑑などだとそういう名称で表記があったりもします。セイロン、現在のスリランカですが、いわゆる島物のホシガメでとても希少だと思います。

ブルガリアジャイアントヘルマン
EUCB2018
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥44,000-

ブルガリアジャイアントヘルマンです。8月に入荷した個体よりも育っているかなりの安心サイズ。今回3個体のみ入荷しました。言わずと知れたヘルマンリクガメの巨人。北欧ブルガリア産のヘルマンで、ヘルマンリクガメの個体群で最大になるタイプです。親画像をご覧ください。でかいです。ブルガリア産のヘルマンが入荷するのは国内でかめぢからだけ。

エミスムツアシガメEUCB2018
マレーシア血統
学名:Manouria emys emys

SOLD OUT  ¥44,000-

ドイツCBのエミス。前回と違うブリーダーから輸入。このブリーダーからは来年きっとビルマムツアシを輸入します。ムツアシ系にこだわった人で、こちらはマレーシア血統。下に掲載したスマトラ(インドネシア)血統と比べてすぐにわかりますが、こちらは生まれた時から黒いんですね。日本の爬虫類業界の一歩先を行くかめぢかららしい入荷だと思います。

エミスムツアシガメEUCB2018
スマトラ(インドネシア)血統
学名:Manouria emys emys

SOLD OUT  ¥44,000-

ドイツCBのエミス。こちらはスマトラ。ベビーのうちはところどころに色が薄くなったり白っぽくなっているのが特徴。イエローエミスと言われるこちらは褐色になるタイプ。ただ、褐色のエミスが全部スマトラ産で、黒味が強いのは全部マレーシアというのはまだ言い切れません。個体差と言うのがありますから。それでも一つのデータとして見比べると面白いですよね。同じタイミングで同じ年齢の産地違いエミスを見られるなんてなかなかありませんよ。

ニシヘルマンリクガメEUCB
サルディニア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥43,000-

ドイツCBのサルディニア産。前回、入荷したサルディニア産ニシヘルマンはフランスCBです。こちらはドイツCBなので、血統違いで面白い。今年のCBですが、思った以上に大きくなっておりメタハラの照射などカメボスの語りを実践していただければ綺麗に元気に育つでしょう。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

ニシヘルマンリクガメEUCB
アプーリア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥43,000-

アプーリア産ニシヘルマン。こちらもドイツCBです。サルディニアと違いがまだ出ておりませんが、アプーリアは総じて黄色が濃くなる傾向が強いです。レモンイエローのサルディニア、夕日のようなアプーリアと言ったところでしょうか。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

トゲヘルマン
(ヒガシヘルマンリクガメVar)
学名:Testudo hermanni boettgeri var

SOLD OUT  価格検討中-応相談

世界に一頭だと思います。ミューテーションとして色彩変異と言うのが一般的です。これは違う。形が違う。ここまで見事な形状変化のミューテーションは動物界全体を通して例が少ないです。例えばトラのアルビノでホワイトタイガーと言うのがいますが、もし牙が突然変異で伸びてサーベルタイガーみたいなトラがいたらもっとすごいと思いませんか?

旧イベラギリシャリクガメ
EUCB2014 ルーマニア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥45,000-

イベラギリシャ産地シリーズで至極レアなルーマニア産です。おそらく5年~6年ぶりくらいの入荷!まあ、とにかくいい色してます。甲羅の幅、ウロコの大きさ、頭部~前足の黒さ、これぞイベラというイベラ。古い洋書に掲載されている亜成体がこんな感じ。ただ、まだ若干13㎝ほどのサイズでこの感じはすごいということ。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
マケドニア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥39,900-

旧イベラギリシャリクガメ マケドニア産です。すべりこみでサイテスが間に合ったので入荷しました。今回は良いサイズに育ったイベラギリシャが豊富で、価格もかなり抑えて(ペアだと十万円超えはするイベラです)おりますのでこれからリクガメの飼育に挑戦したい初心者の方は必見です。マケドニアは輸出にあたりマイクロチップが義務付けらしく、この5頭はマイクロチップ入りという個体です。もちろん専用のスキャナーがあれば読み取れます。読み取って女の子に自慢するときっとモテますよ。

ソマリアヒョウモンガメCB
学名:Stigmochelys pardalis ver

SOLD OUT  ¥88,000-

ソマリランドヒョウモン。ナミビアと比べると全然違うのが見てとれてわくわくしてきますね。通常のバブコックとも全然違う。この抜けた色合いとあまり主張しない紋様はソマリアヒョウモンならではの特徴だと思います。エサを与えてカメラ準備してたらその間にエサをほとんど食べ終えていてうまく撮影できなかったパターン。すいません。エサ食いはとてもよく、すぐオオバコと小松菜に反応してました。えっさほいさ歩き回るし、かなり撮影が難しい。非常に珍しい品種でなかなか目にする機会はありません。

ナミビアヒョウモンガメCB
学名:Stigmochelys pardalis ver

SOLD OUT  ¥55,000-

最近すげえレアなんじゃないですかね?全然流通がないじゃないナミビア君。まあ爬虫類全体でどこも同じような物、似たような物で面白くない業界ですが、カメは本当に減ってますよね。その中でナミビアとなると入手は困難を極めます。今回は非常に良いナミビア。ぶっちぎりの模様にゴマバラ頭のこれぞナミビアという個体を輸入いたしました。CBなので上のソマリア同様、物怖じなくエサをガンガン食べる個体です。

エロンガータリクガメEUCB
学名:Indotestudo elongata

SOLD OUT  ¥32,000-

根こそぎ可愛いエロンガータです。大福のような甲羅は安心感、抱擁感があります。黒くて大きなつぶらな瞳がめっちゃ可愛い。食べちゃいたいくらいです。エサ食い良好な完品個体です。
2月22日更新時の最新画像を追加いたしました。残り2個体、ちょうど良いサイズ(9㎝くらい)です。

エロンガータリクガメEUCB
学名:Indotestudo elongata

SOLD OUT  ¥35,000-

動画あり

最近輸入量がめっきり減っています。リクガメとしては絶対にはずせない可愛さを持つカメなので常に在庫が切れないように心がけとります。基本的には丈夫で飼育も楽です。とても良いカメ。

ガルフコーストハコガメEUCB
ハイイエローハイスポット
学名:Terrapene carolina carolina

SOLD OUT  ¥49,900-

EUCBのガルフコーストハコガメです。フランスCBです。過去に何度もガルフCBを輸入していますが初めての血統です。見たまんまのハイイエローで顔にスポットたくさんな個体でウキウキしちゃいますね。トラ模様のような背甲、星をちりばめたようなスポット。ガルフではこれ以上ないというほどの綺麗ではないでしょうか。特に強い模様が出ている限定1カメです。配合飼料エサ食い確認済みです。

カントンクサガメEUCB2018
学名:Mauremys nigricans

SOLD OUT  ¥25,000-

中国人の買い漁りも終わり、価格は落ち着いてきたカントン。この種類が本当に好きな人にとっては今が買い時だと思います。図鑑では見事に育った親個体の写真などを目にしますが実際にはなかなか大きな大きな個体はいませんよね。是非、立派な個体に育て上げてください。成熟したオスは赤みを帯び、この毒々しさがたまらないんだとか。配合飼料OKです。しっかりと日光浴ができる陸地を作って浅い水深で飼育すると良いです。配合飼料エサ食い確認済みです。

インドホシガメEUCB2018
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥44,000-

スペインCB。希少種の仲間入りになりつつあるインドホシガメ。それでいいです。日本だけがインチキサイテスでインドホシガメの輸入ができた時代は終焉ですかね。第三国経由のインチキサイテスもしくは東南アジア経由の密輸。ここ数年で流通が激減しているところを見ると現地でもいなくなってしまっているのでしょう。ホント、この種は熱帯魚とか色々なものに混じって密輸されてきましたからね。お店で購入するときはサイテスと事前確認書を確認して本当に正規な個体か確認してから購入しないとダメですよ。

ケヅメヒョウモンガメEUCB2018
学名:Geochelone sulcata x Stigmochelys p. babcocki

SOLD OUT  ¥99,900-

珍。ハンガリーCB。ハンパないですかめぢからネットワーク。ハンガリー、スペイン、オーストリア、マケドニア、フランス、世界中のカメブリーダーと愉快に楽しく独占契約。正規輸入にこだわるとCITES書が発行できるかどうかで色々大変で、「はい、あなたのカメ許可出ない、ダメ、」「君のもダメ?ありがとまた今度」「君の紙だせるの?ホント?」みたいな結果、ハンガリーとかまで行っちゃったりします。ケヅメの素朴で大胆な特徴、ヒョウモンの美しさを合わせて持つとても良い品種だと思います。

ケヅメヒョウモンガメEUCB2018
パターンレス
学名:Geochelone sulcata x Stigmochelys p. babcocki

SOLD OUT  ¥128,000-

珍。上のケヅメヒョウモンの兄弟ですが、こちらはゴーストなのか、ハイポなのか、パターンレスなのか摩訶不思議な個体。こんなのは世界レベルでなかなかいないのでとりあえずゲット。ヒョウモン模様が透けているのですがフォルムはケヅメとヒョウモンの特色があります。丸っこい顔つきはヒョウモン。もちろん上の個体の成長はどのくらいヒョウモン柄が出てくるのかとか、すごく楽しみですが、こちらは予測不可能すぎて未知の領域ですな。

ナミビアヒョウモンガメEUCB
学名:Stigmochelys pardalis ver

SOLD OUT  ¥55,000-

相変わらず全然流通がないじゃないナミビア君。今回はドイツCBです。前回のCBとは血統が違うナミビアです。まあ爬虫類全体でどこも同じような物、似たような物で面白くない業界ですが、カメは本当に減ってますよね。その中でナミビアとなると入手は困難を極めます。ナミビアの特徴でもあるゴマ振り模様にブタバナ模様も豪快にでていますし、お店に展示しているだけで目を引く種類だと思います。

エミスムツアシガメEUCB2018
学名:Manouria emys emys

SOLD OUT  ¥39,900-

フランスCBのエミス。今回から42,000円にしようと思いましたが、前回買いそびれてしまったお客様のために価格据え置きで設定しています。39,900円。これ本当にマレーシアとかのFHではなくて純粋なフランスCBなので飼育しやすいです。神経質と言われるエミスですが人が見ている前でもがつがつエサを食べますし、昔の「神経質で動かない黒いカメ」的なイメージはもはやないです。

ニシヘルマンリクガメEUCB2015
コルシカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥48,000-

ニシヘルマンリクガメのコルシカ産です。素晴らしく飼いやすいサイズで入荷です。フランスCB。ニシヘルマンは生まれたばかりですとヒガシより一回りほど小さく(ハッチだと30mmくらい)、5㎝にするまでがかなり大変です。5㎝を超えているニシでもまだ小さいですが、それでも生後1年~2年近く経っているわけです。今回のコルシカ産は6㎝以上あるサイズで生後3年物なので安心感がまるで違うでしょう。

ブルガリアジャイアントヘルマン
EUCB2018
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥42,000-

ブルガリアジャイアントヘルマン入荷!前回、とても人気がありすぐ売れてしまったのですが、「次こそは!!」と狙っていたお客様お勧めです。北欧ブルガリアの個体群でヘルマンの中で最大になる個体群です。かめぢからでしか手に入りません。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

マルギナータリクガメEUCB2018
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥17,800-

以前より注文が増えていますマルギナータ。ちょびちょび輸入してちょびちょび完売してしまいますな。甲長5㎝ほどのベビーですが甲羅もしっかり硬く育っていて安心です。メタハラ、通気性の良い広めのケージ揃えて飼育に臨みましょう。。。当店にはかめぢからセット(飼育機材一式セット)と言うのがあります。このセットで安心して冬の飼育を楽しみましょう。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

エミスムツアシガメEUCB2018
学名:Manouria emys emys

SOLD OUT  ¥39,900-

フランスCBのエミス。ここ数年ちょっとずつ値上がりしているので、今回が3万円台で出せる最後だと思います。今年生まれたばかりのほやほやのベビーで可愛(かわ)かっこいいです。まだ白いグラデーションなどが残っており、なかなか見ることができないサイズです。まさにこれからなベビー。限定2カメ。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

旧イベラギリシャリクガメ
EUCB2017 ルーマニア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥39,900-

イベラギリシャ産地シリーズで至極レアなルーマニア産です。おそらく5年~6年ぶりくらいの入荷!こちらは2017年のCBで1頭が2017年8月8日生まれ、もう1個体が9月生まれということです。残念ながらどっちがどっち生まれの日にちなのかわかりません( ;∀;) 生後1年のCBなのでがっちり育っておりこれからの成長を楽しめる個体です。

パンケーキリクガメ
学名:Malacochersus tornieri

SOLD OUT  ¥16,000-

動画あり

デコレーションリーフが似合うパンケーキリクガメです。リーフの隙間に入っている姿は野性味を感じざるを得ません(’∀’) 野生でもきっとこのような木の洞や岩の隙間に隠れて生活しているのでしょう。かなり慣れていてエサを与えると一目散に駆け寄ってくる個体もいます。

トウブハコガメEUCB
学名:Terrapene carolina carolina

SOLD OUT  ¥59,900-

EUCBのトウブハコガメです。実に3年ぶりの輸入。2016年に2個体販売しましたが、これは2015年に輸入した個体を1年温めて出した物。つまりは今回は3年ぶりに輸入できた感じです。以前から入荷が減りどんどん入手困難になりますよとカメボスさんが言っているじゃないですか。それが今現実です。別に売れなくていいです。自分で飼育して色の出方など楽しみたいので。

モリイシガメEUCB
学名:Glyptemys insculpta

SOLD OUT  ¥199,000-

希少価値高。目にする機会ゼロの北米の賢者。とにかく頭が良く賢いミズガメ(半水棲で陸地を生活圏としている種です)。去年ごく少数のEUCBを輸入できまして、その時ブリーダーに来年も取れたら他には回さず全部くださいと予約して待った甲斐があったってもんだ。今はまるで地味ですが、成長とともに甲羅に放射模様などが出てきて皮膚もガーベラのように朱色になったりと意外と派手に。

キボシイシガメEUCB
学名:Clemmys guttata

SOLD OUT  ¥42,000-

今や入手困難の希少種。キボシイシガメEUCBです。CITESIIなってもかめぢから直輸入便でコンスタントに輸入できると思っていたら全然無理だったというカメ。ヨーロッパの方でCBがいても親が密輸とか出所不明でサイテスが切れない個体が多いのです。もちろん今回の個体はモリイシ君と同じく正規輸入個体です。スポットもしっかりと出ていてとても高品質なCBだと思います。

マルギナータリクガメEUCB2017
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥17,900-

前回、売切れてしまった後に、結構問い合わせがあったマルギナータ。そのご要望にお応えして3個体入れてみました。ドイツCBのマルギで今日も元気いっぱいです。後部縁甲板が独特の発達をしていき、フチゾリの和名を欲しいままにしているリクガメです。成長した個体は迫力があり、マニアの間でもなかなか手放す人を見ません。強めの紫外線UVBと野菜野草を豊富にあたえ、素晴らしい個体に育てあげてください。

アイボリーケヅメリクガメUSACB
学名:Geochelone sulcate var

SOLD OUT  ¥275,000-

動画あり

アイボリーケヅメ。以下コメントは前回のパクリ。だってもう今日は疲れたのだ。なんて言うんでしょう、白いだけでこんなにも綺麗なのかと。大きくなることを除けば本当にヘルマンに劣らないほど活発で人馴れもするカメで最高です。でも大きくなります。ケヅメだもん(゜∀゜) 大きくなったらなったでアイボリーなわけで、CBとか取れたら丸儲けだし、夢が膨らむと言えば膨らみますが。。。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2015
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥18,900-

動画あり

とりあえず確保。リクガメの飼育を始めるならまずはコレ。ヘルマンを飼育して、いろいろ学んでもらってリクガメを飼うのは楽しい!と知っていただければ嬉しいです。リクガメの飼育方法などお気軽に、ただし、本気でお問い合わせください。本気でリクガメを飼育したいお客様には老若男女問わず、本気でお答えいたします。生き物を飼うということは遊びじゃないと思います。リクガメが幸せになるような飼育方法を目指すのが当店のスタイルです。

ホルスフィールドリクガメEUCB
学名:Testudo horsfieldii

SOLD OUT  ¥12,800-

動画あり

とりあえずお店にいないとダメでしょ、ホルス。昔に比べて流通量も減り、デパートなどのペットショップでも売っているリクガメではなくなってしまったホルス。メロンパンみたいな甲羅が特徴です。ベビーよりかなり育ったサイズでSMくらいの表記ができそう。大人のコブシくらいの大きさ。ヘルマンリクガメと並んで、初心者やこれからリクガメの飼育を始めたい方にお勧めです。ヘルマンに比べると重量感があると思います。

旧イベラギリシャリクガメEUCB トルコ産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥38,000-

動画あり

旧イベラギリシャ。昔はトルコギリシャとか呼ばれていたタイプです。当HP掲載のアダルトイベラを見ていただき、こんなカメが欲しい!と思っている方はコレ。コレが元です。今はまだまだ小さいですが、毎日毎日しっかり育てることにより、岩のような甲羅と風格がでます。メタハラなどを用いた強めの紫外線が必須です。ここ数回旧イベラCBはマケドニア産の入荷が続き、トルコ産は意外にレアなので、マニアにもおすすめ。トルコギリシャ=もう昔のカメです。

カラグールガメ
学名:Batagur bornensis

SOLD OUT  ¥99,000-

動画あり

私が中学3年の秋くらいの時、石神井公園にあるアクアショップミカミに入荷してとても欲しくてすごく考えたんですけど、購入するのをやめたカメです( ゜Д゜) 大きくなるのはもちろんのこと、当時は神経質で水質にうるさくて難しいと言われていました。まあ、普通にカルキ抜きをして温度合わせて多少のバクテリアを入れた水で生き生きと育ちます。現在は少数ですがCBが流通しており、大きくなることを除けば飼育しやすいカメだと思います。

キボシイシガメEUCB
学名:Clemmys guttata

SOLD OUT  ¥42,000-

今や入手困難の希少種。キボシイシガメEUCBです。CITESIIなってもかめぢから直輸入便でコンスタントに輸入できると思っていたら全然無理だったというカメ。ヨーロッパの方でCBがいても親が密輸とか出所不明でサイテスが切れない個体が多いのです。もちろん今回の個体はモリイシ君と同じく正規輸入個体です。スポットもしっかりと出ていてとても高品質なCBだと思います。今や、模様なんて選べるような贅沢はできないですが、今回たまたま、すごくきれいな個体が揃いました。

ミツユビハコガメEUCB
学名:Terrapene carolina triunguis

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

生後1年ほどのミツユビハコガメです。2016年の7月生まれのCB。恐らく冬(11月~4月くらいまで)は冬眠させていると思います。そのため年中温室育ちの個体と比べると成長はやや遅めな感じですが、甲羅のフォルム、模様などバランスが良く育っています。どの個体もスポットや広がるようなホウシャ模様が出ていて非常に綺麗です。数ある上物の中から自分だけの1個体を選べます。6頭もいる綺麗な個体の中からさらに自分好みを選べるなんてわくわくしちゃいますよ。

ガルフコーストハコガメEUCB2014
学名:Terrapene carolina major

SOLD OUT  ¥40,000-

動画あり

お店での売れ残りを大事に育てていき、じゃなくてカメボスが隠して育てた飼いこみCBです。甲羅が丸く、ドーム状に育っています。なんていうかミルクキャラメルみたいな。模様がない、地味とか言わないでください。しいて言えば、ゴールデンっぽいじゃないですか。甲羅の中央部から模様が抜けて白く(リューシ)っぽくなっています。成長線とともに白味が増している感じなので、今後も楽しみ。

ガルフコーストハコガメEUCB2015
学名:Terrapene carolina major

SOLD OUT  ¥40,000-

動画あり

お店での売れ残りを大事に育てていき、じゃなくてカメボスが隠して育てた飼いこみCBです。こっちのほうは少し地色が濃いめでダークな感じです。ぎょろぎょろした目を見ていると一体何を考えているのかわからないカメで、ちょっと不気味です。そこがいいですよね。上の個体とは血統が別。まだ性別が分からないのですが、うまくすれば血統違いで良いペアになるかもです。

セマルハコガメCB ペア
学名:Cuora flavomarginata shinensis

SOLD OUT  ¥120,000-

動画あり

こちらもカメボス飼いこみのセマルハコガメCBです。国産CBをじっくり飼育し、予想通りペアになったので店頭に並べます。先週に床材交換したばっかなんだけど、最近市場にほとんど流通していないようなので一石投じてみたいと思います。ずばり、とても良いカメです。派手な模様こそないですが、気品のある美しさとかなり前に出てくる性格など最高のペットタートルの一つではないでしょうか。

トウブドロガメCB
学名:Kinosternon subrubrum hippocrepis

SOLD OUT  ¥5,990-

ミシドロ。トウブドロガメの名で流通する、正式名称:ミシシッピードロガメです。 スティンクポットをオーダーするとたまに混じっていたりします。スティンクポットに似ているカメですが、こちらはドロガメで、手足頭をひっこめて箱になることができます。背甲もスティンクポットに比べると丸みを帯びていてお饅頭みたいです。スティンクよりもこちらの方がレアで流通量、入荷数も少ないです。ミズガメ初心者に自信をもってお勧めできる種類です。

キタニシキハコガメEUCB
学名:Terrapene ornata ornata

SOLD OUT  ¥178,000-

動画あり

ワイルドではなくEUCBの飼いこみですが、野生個体より美しいと思います。模様も出てます、激しいです。さらにはそのフォルム。CBではなかなかここまで形よく丸くならないと思います。毎日しっかりと温度/湿度管理をし、エサも与え掃除をし、定期的に床材交換、すべて私自身で行い私が作り上げた逸品です。いい仕事してますよ私は。

インドホシガメ EUCB2018
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥43,000-

品薄のインドホシガメ。国内はおろか全世界で品薄なリクガメとなっております。元々、原産国以外でインドホシガメを安価に購入できる国は日本だけで、ヨーロッパやアメリカだととんでもなく高価な種類です。日本は緩い法律と密輸のしやすさからタイや第3国経由のインチキサイテスでたくさんインドホシガメが輸入されてきた国です。残念ながら、タイや第三国経由でもホシガメが流通しなくなってきて今現在は日本に入ってないのです。

ソリガメEUCB2018
学名:Chersina angulata

SOLD OUT  ¥189,900-

EUCBのソリガメです。今回はドイツCBで、前回とは違う血統です。3個体いた中で、一番ときめいた色彩をしている個体を輸入しきました。3個体輸入したかったのですが、ビンボーなかめぢからにはそんな予算はありません(;’∀’) もっと当店をご利用いただけますよう、心よりお願い申し上げます。とにかく色を見てください。ハイポなんじゃないかってくらい抜けてますよね?すごく独特で綺麗じゃないですか。しかも純粋なCBなので、飼いやすいです。

バブコックヒョウモンガメCB ザンビア産
学名:Stigmochelys pardalis babcocki

SOLD OUT  ¥15,000-

動画あり

ヒョウモンガメCBの入荷です。コブシより少し小さいかなサイズです。甲羅の高さ丸っこさは超一流のリクガメです。かなり大きくなりますので書来スペースが確保できる方へお勧め。ここ最近では、飼育機材の発展や大型種を飼育している方のブログなども多数見られるようになったため、大型種を飼育するのはそれほど大変ではなくなった感じがします。

マルギナータリクガメEUCB2016
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥17,800-

動画あり

ちょっと久しぶりの入荷となりましたマルギナータです。黒い部分の面積が広めで、メリハリがかなり強く出ている個体です。これだけメリハリがあるとイベラギリシャやヘルマンなどとは一目瞭然で見分けられますね。エサ食い良好、オオバコ、タンポポ、小松菜などを食べています。甲長6㎝ほどのベビーですが甲羅もしっかり硬く育っていて安心です。

旧イベラギリシャリクガメEUCB トルコ産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥33,000-

動画あり

トルコ産イベラの前回とは別血統、別ブリーダーからの個体です。ヘルマンよりやや穏やか、動きもスロー、成長すればするほど甲羅に風格がでる、ベビーでも比較的寒さに強く、成長すれば日本で冬眠も可能といったカメです。素朴な感じですが、うちに秘めたパワーやこのカメの種として歴史がすごいと思います。とにかく私が最も好きなカメの一つ。是非。エサ食いとても良いです。

ニシヘルマンリクガメEUCB コルシカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥45,000-

動画あり

フランスCBのコルシカ産ニシヘルマン。とても良いサイズでしたのでブリーダーよりすぐに仕入れました。生後2年以上と、とてもとても飼育しやすく、丈夫な大きさに育った個体です。しかし、まだベビーなのでこれからの成長もじっくりと楽しめる個体たち。すごくいい。リクガメの飼育を始めようと思っている方で、より綺麗なヘルマンをお探しの方にピッタリです。なかなか流通しませんよ、このサイズは。

ブルガリアジャイアントヘルマン EUCB2017
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

あぁ、もうやっと来た。3年くらい入荷できなく、去年のCBが売りに出せるサイズに育ったので速攻で輸入しました。伝説のブルガリアジャイアント。国内で扱っているのは当店のみです。ヒガシヘルマンの特別に大きくなる個体群です。親の画像を見ていただければ大きさがわかると思います。通常の産地よりも大きくなるというのはやっぱすごい。特別感がありますね。


アナムールギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca annamurensis

SOLD OUT  ¥45,000-

動画あり

前回入荷したのは2017年の3月(かめぢからのみ)で、それが4年か5年ぶりくらいの入荷。何故入荷しなかったか?以前はトルコのファームで増やされていたCBがEAG(イーストアナトリアンジャイアント)とともに少しずつでありますが、輸入されていました。お客様の強いプッシュもあり、常にアナムールを探していたこともあり、今回輸入にこぎつけました。

ソリガメEUCB
学名:Chersina angulata

SOLD OUT  ¥189,000-

動画あり

ゲキレア。ソリガメCBです。ポチポチ1年に1回は独占契約のブリーダーより入荷しています。元来、卵を1個~2個しか産まないソリガメなのでなかなかCBは流通しません。当店のソリガメCBは非常にクオリティーが高く、初心者の方でも普通に飼えるレベルです。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2014
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥19,900-

当店の売れ筋リクガメのヒガシヘルマンです。どの個体も元気で良い個体ばかりです。ヘルマンがいないと当店は潰れてしまうくらい、大切なカメです。毎度、初心者の方に特におすすめ。物怖じせずに、人にすぐに慣れ、良く動き、よく食べる(しっかりとメタハラを当てれば)。「リクガメの飼育は楽しい!癒される!」と思わせてくれるカメさんです。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥29,900-

動画あり

ヨーロッパ産のギリシャリクガメ。甲長8㎝前後とかなり逞しいベビーです。皮膚の色などいかにも寒さに強そうな北欧のギリシャ。ヘルマンよりややおとなしい性格で多頭飼育にも向いています。生体になれば一年を通して屋外での飼育(夏はポカポカな芝生で生活、冬は落ち葉を入れた木箱を軒下の置いて冬眠)が可能です。

ケヅメリクガメCB
学名:Geochelone sulcate

SOLD OUT  ¥24,000-

動画あり

巨人の種(たね)、ケヅメベビーです。もっこり白くて綺麗な甲羅に物怖じしない性格、小さくても丈夫でとても飼育しやすい個体です。将来的には非常に大きなスペースが必要なるリクガメです。大きくさえならなければ万人にお勧めできるカメなんですが。。。(;’∀’) 「いや、大きくなるのが良いのだよ、ケヅメはやっぱり大きく成長させるのが楽しい!」というお客様にお勧めです。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2012ペア
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥45,000-

動画あり

♂♀100%判定できています(腹甲画像参照!)。まだまだ若いですが、ペア確定をこの価格で入手できるチャンスはほとんどないと思います。この機会にぜひ。サイズ的にも丈夫ですので、飼いやすさとペアリングと一石二鳥揃った種類です。初心者から繁殖狙いの愛好家、ブリーダーまで広くお勧めできます。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥25,000-

ヨーロッパ産のギリシャリクガメ。産地が分からないので特価です。間違いなく北欧産のギリシャなので、成長すれば屋外にて冬眠などは可能です。甲羅の幅があり、イベラ系のすごみがあります。頭の色が黒っぽく、これもやはり寒い地方の特徴。エサ食い良好、タンポポ、オオバコ、小松菜などをよく食べています。ビギナーにもお勧めリクガメ。