過去販売生体

過去販売生体

※価格は全て税込表示です。

ケヅメリクガメCB
学名:Geochelone sulcate

SOLD OUT  ¥24,000-

動画あり

巨人の種(たね)、ケヅメベビーです。もっこり白くて綺麗な甲羅に物怖じしない性格、小さくても丈夫でとても飼育しやすい個体です。将来的には非常に大きなスペースが必要なるリクガメです。大きくさえならなければ万人にお勧めできるカメなんですが。。。(;’∀’) 「いや、大きくなるのが良いのだよ、ケヅメはやっぱり大きく成長させるのが楽しい!」というお客様にお勧めです。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2012ペア
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥45,000-

動画あり

♂♀100%判定できています(腹甲画像参照!)。まだまだ若いですが、ペア確定をこの価格で入手できるチャンスはほとんどないと思います。この機会にぜひ。サイズ的にも丈夫ですので、飼いやすさとペアリングと一石二鳥揃った種類です。初心者から繁殖狙いの愛好家、ブリーダーまで広くお勧めできます。

旧イベラギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥25,000-

ヨーロッパ産のギリシャリクガメ。産地が分からないので特価です。間違いなく北欧産のギリシャなので、成長すれば屋外にて冬眠などは可能です。甲羅の幅があり、イベラ系のすごみがあります。頭の色が黒っぽく、これもやはり寒い地方の特徴。エサ食い良好、タンポポ、オオバコ、小松菜などをよく食べています。ビギナーにもお勧めリクガメ。

アカアシガメEUCB 朱色タイプ
学名:Chelonoides carbonaria

SOLD OUT  ¥15,800-

動画あり

あんまり大きくならないタイプで頭がオレンジ~赤色になる個体群だそうです。たぶん北米でチェリーヘッドと呼ばれている個体と同じようなタイプでしょう。甲羅はいつものアカアシよりも黒味が強く、頭にはすでに色が乗っています。アカアシは意外と生息地によって変異が多く、コレクション性もありますね。エサ食い良好。

キアシガメEUCB アプリコット
学名:Geochelone denticulate

SOLD OUT  ¥35,000-

動画あり

極美のキアシガメ。アカアシの頭が赤いのがチェリーヘッドなら、こちらはアプリコットヘッドと言う名で形容すべき個体。見てください、この頭にべっとり塗り込んだ感の杏子色。甲羅も一般的なキアシよりも黄色みが強いです。流通量自体が多くなく、バリエーションもさほど知られていないキアシですが、このように特別な色をした綺麗なCBはまだまだ出てきます。

モリイシガメEUCB
学名:Glyptemys insculpta

SOLD OUT  ¥199,000-

もうゲキレア。全然見れなくなってしまった北米の賢者。とにかく頭が良く賢いミズガメ(半水棲で陸地を生活圏としている種です)。正規輸入としてはおそらく8年ぶり、密輸とか含めても国内に流通が数年出ていない種類だと思います。まるで地味ですが、成長とともに甲羅に放射模様などが出てきて皮膚もガーベラのように朱色になったりと意外と派手に。

ヒョウモンガメEUCBケニア産
学名:Stigmochelys pardalis babcocki

SOLD OUT  ¥18,900-

動画あり

ケニア産の個体を種親にし、産出されたCBです。かなり色彩にバリエーションがあり ますが、どれも綺麗です。ヒョウモンの良さが出ているCBでしょう。ケニア産と言うことで模様の変化も普通のヒョウモンより絶対に楽しめる(より綺麗になる)CBだと思います。

アオダイショウ国産CB 2016年
学名:Elaphe climacophora

SOLD OUT  ¥2,800-

日本を代表するElaphe、アオダイショウ様です。当個体たちは2016年の当店CBでなんとかピンクマウスに餌付けてちょっと育てたあと、11月末くらいより冬眠させた個体です。今年2017年4月中旬に起こしてあげて、調整しました。昨年より格段にエサ食いがよくなり、すぐにピンクマウスに反応するように仕込んであります(笑)

アオダイショウAD ペア
学名:Elaphe climacophora

SOLD OUT  ¥12,000-ペア

とりあえず冬眠明けでエサ食いを確認した1ペアいます。ワイルドなので多少のスレや傷はご容赦ください。画像は去年販売した個体のサンプルです。追って該当個体の画像を撮影し、掲載してきます。ちなみ、去年これらのペアよりCBの算出に成功しています。

チャコリクガメCB
学名:Geochelone chilensis

SOLD OUT  ¥78,000-

カメボス大好きなチャコリクガメ入荷。私の少年時代にあったリクガメの定義(乾燥地帯に生息し、甲羅は岩や目立たない感じで、丸く高くなり、大きさも普通で25㎝位にしかならず、サボテンとかを食べる←この定義に当てはまるリクガメは実はなかなかいないんです。)に当てはまる普通の感じのリクガメらしいリクガメ。成体になると無地でもっこりした甲羅、大きくなりすぎもせず、がっちりした頑丈そうな頭とシルエットも最高な、これぞリクガメと言える形になります。

旧イベラギリシャリクガメCB ブルガリア産
学名:Testudo graeca ibera

SOLD OUT  ¥28,000-

別ページにて掲載中のブルガリア産イベラのペアからのCBです。だから産卵しそうだ と書いてあるじゃないですか、ちゃんと産卵して孵化しましたよ。1個体のみですが。。。(’▽’) 甲羅も硬くなってきて、エサもよく食べ始めたので販売開始です。白っぽい甲羅をベースにこげ茶~黒っぽいグラデーション、幅のある椎甲板、鱗の大きさなど北欧系ギリシャの特徴が出ているすごくいい個体だと思います。機会があったら親とスリーショットで撮影して掲載したいと思います。

アルビノミドリガメCB
学名:Trachemys scripta elegans var

SOLD OUT  ¥42,000-

ビューティフルでゴージャスなアルビノミドリガメ。最近、池の水抜き番組などで取り上げられているミシシッピーアカミミガメのイエローでゴールデンなモルフ。ペットとして飼育されていればとても良いカメ、野生化している個体は憎き外来種、僕はそういう見方が正しいと思います。

ミツウネオオニオイガメCB
学名:Staurotypus triporcatus

SOLD OUT  ¥23,000-

可愛いのがいたので仕入れちゃいました。ちび助のジャイアントマスクタートルで す。ちびのジャンアントというと不思議な感じですね。果敢に噛みついてきます。配合飼料、乾燥エビなどを食べています。砂利を敷き、浅めの水深で飼育すると良いです。こういったドロ・ニオイガメ系の種類は濾過などがない方が落ち着き、エサ食いもよくなります。

マタマタ ベビー
学名:Chelus fimbriatus

SOLD OUT  ¥19,900-

木の葉ガメこと、マタマタ君です。かなり久しぶりの入荷です。とにかく成長が遅めの種類なので巨大化するミズガメとしてはヒッジョーに飼育しやすく将来の計画も立てやすい種類です。

フロリダハコガメEUCB2016
学名:Terrapene carolina bauri

SOLD OUT  ¥158,000-

動画あり

正規輸入。ヨーロッパCBのフロリダハコ。よーし、キタニシキと併せていいの来た。リクガメメインのかめぢからですが、個人的にはアメハコの世界観も好きですし、尊重してます。お店のアメハココーナーも自分でかなり気に入っています。よ~く見たら1個体、右側の肋甲板が3枚しかありません。こちらの個体は少しですが価格交渉も考えます。他ではないサイテス書有の個体、是非大切にしてください!

ガルフコーストハコガメSADペア
学名:Terrapene carolina major

SOLD OUT  ¥150,000-ペア

サブアダルトのペアです。背甲に番号がついている方がオスで、番号なしがメスになります。繁殖にはまだ時間がかかりそうですが、将来の投資にいいのではないでしょうか。2011年生まれでおよそ5歳くらいの個体たちです。いい感じで綺麗な落ち葉が家の周りにおちているので落ち葉とココパームでレイアウトしてみました。ドイツ人ブリーダーに長期間飼育されていた個体で、すぐに配合飼料を食べました。

ホルスフィールドリクガメCB
学名:Testudo horsfieldii

SOLD OUT  ¥11,000-

動画あり

今回は基本種と言うことでホルスも入荷。ギリシャ、ヘルマン、ホルスと「アダルト20cm前後のサイズで生涯ケージでの飼育ができて、丈夫な種類」と言うことでホルスも忘れちゃいかんです。白が際立つ個体をあえてセレクトしてみました。飼育のコツは配合など余計な物を与えずに野草野菜などを与える、過度の乾燥は避け、強めの紫外線をしっかり当てていくです。

ビルマムツアシガメEUCB2014
学名:Manouria emys phyrai

SOLD OUT  ¥89,900-

動画あり

珍種のビルマムツアシガメです。今のところかなり静かに過ごしています。かなり動きませんが、バナナとリンゴミックスの野菜を良く食べ始めています。落ち着いているのか、神経質にビビっているのかわからないカメですが、この種は飼育するうちにかなり人に慣れます。かなり育ったCBで甲長10cmくらいありますのでとても丈夫。

オオアタマヨコクビガメ
学名:Peltocephalus dumerilianus

SOLD OUT  価格は応相談(ASK)

リクエストがあったので掲載いたします。誰も仕入れることができない幻のカメとしてマニア垂涎のカメ、デュメリリアーナです。当店が2008年に輸入、かめぢからの名前をさらに有名にしてくれたカメです。非常に高価なのでお店のマスコット的な存在になりつつあります。

ケヅメリクガメCB トーゴ産
学名:Geochelone sulcate

SOLD OUT  ¥24,000-

動画あり

トーゴ産ケヅメリクガメ。前回、好評だったので、再入荷。非常に綺麗な個体、顔も程よく日焼けしたような感じで、ランチング(野生に近い環境で孵化したベビー)の良さが出ている個体だと思います。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB2015
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥18,900-

動画あり

生後2年ほどの、がっちり育ったサイズのヒガシヘルマンCBです。EUCBですが、ブリーダーがかなり屋外飼育にこだわっている方で、見ての通りワイルドのようなつるっつる、すべっすべの甲羅をした個体たちです。ここまで甲羅の形が綺麗なヘルマンもなかなかいませんので、コレクターにもお勧めです。

ニシヘルマンリクガメEUCB コルシカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

コルシカ産ニシヘルマン。今回かなり模様がバリエーションに富んでいて選ぶ楽しさがあると思います。かなりパターンレスに近い個体もいて、今後の成長によっては付加価値を付けようかと思っている個体もいたりいなかったり。

ニシヘルマンリクガメEUCB アプーリア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

アプーリア産ニシヘルマン。1個体だけ色が特に濃いニシがこちらで、アプーリア産。産地を楽しむも良し、見た目の違いを楽しむも良しです。

ヒガシヘルマンリクガメAD♀
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥39,900-

動画あり

繁殖可能サイズなヘルマンリクガメ♀。「オスを持っているんだけど、♀を探している」というそこのあなたチャンスです。

ミシシッピーニオイガメEUCB
学名:Sternotherus odoratus

SOLD OUT  ¥4,500-

スティンクポットベビー。カワユイ。水深を深くしての水草を多めに入れた水槽での飼育も楽しめますが、浅めの水深で濾過器(水の流れなし)で飼育したほうが健康管理がしやすいです。

ミシシッピーニオイガメEUCB
学名:Sternotherus odoratus

SOLD OUT  冬眠中、春になったら再販売予定

甲長5㎝~の安心サイズベビー。というか、ヤングと言ってもいいかな。ペア取りも可能です。このまま屋外飼育で冬眠させようかなと思います。11月までの限定販売。エサ食いOKです。まずは浅めの水深で飼育して、配合の慣れさせましょう。

ミスジドロガメADトリオ
学名:Kinosternon bauri

SOLD OUT  ¥39,900-トリオ

ミスジドロガメのトリオです。♂1♀2のトリオ販売。ペアで売りたいのですが、オスがどうしても少なく、無理なんです。すいません。その代わりワイルドであってもとても綺麗な個体をご用意しました。

チャコリクガメCB
学名:Geochelone chilensis

SOLD OUT  ¥78,000-

カメボス大好きなチャコリクガメ入荷。私の少年時代にあったリクガメの定義(乾燥 地帯に生息し、甲羅は岩や目立たない感じで、丸く高くなり、大きさも普通で25㎝位にしかならず、サボテンとかを食べる←この定義に当てはまるリクガメは実はなかなかいないんです。)に当てはまる普通の感じのリクガメらしいリクガメ。成体になると無地でもっこりした甲羅、大きくなりすぎもせず、がっちりした頑丈そうな頭とシルエットも最高な、これぞリクガメと言える形になります。

マルギナータリクガメEUCB2016
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥17,000-

動画あり

ちょっと久しぶりの入荷となりましたマルギナータです。黒い部分の面積が広めで、メリハリがかなり強く出ている個体です。これだけメリハリがあるとイベラギリシャやヘルマンなどとは一目瞭然で見分けられますね。エサ食い良好、オオバコ、タンポポ、小松菜などを食べています。甲長5㎝ほどのベビーですが甲羅もしっかり硬く育っていて安心です。

インドホシガメMサイズ
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥22,000-

動画あり

最近入荷数がめっきり減ってしまったホシガメ。昔みたいに選べるほど輸入されません。結局長い目で見たらこの種もサイテスI入りとかしちゃうんだろうな。そうなったらマジで廃業ですよ。かなりビビリーなホシガメ君ですが、エサを食べておりますし、目もぱっちり、体重も申し分なしと、とても良い個体たちです。

インドホシガメEUCB
学名:Geochelone elegans

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

絶対的ともいえる高いクオリティーのEUCBです。東南アジアからファーミング個体として入荷する個体よりもきわめてストレスに強く、環境への適応も早いです。この丈夫さ、強さは過去6回ほどの輸入で実証済み。丸い。丸すぎます。丸くて星の模様があってインパクト満点リクガメです。人が見ている前でも良く動き、エサもよく食べています。

ヒガシヘルマンリクガメADペア
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥85,000-

2007年マケドニアCBの個体です。屋外ファームで大きくした個体を輸入。ほぼワイルド状態の環境で育ってきた個体ですが非常に綺麗に見事に成長しています。卵も取ることが可能ですので繁殖に挑戦してみたい方は是非。一応オスとメスを分けて飼育していますが、今のところまだかなり静かに生活しています。環境に慣れてきたとたん、オスはイケイケになるのでしょうか。お好みの♂と♀をお申し付けください。

ホルスフィールドリクガメADペア
学名:Testudo horsfieldii

SOLD OUT  ¥49,900-

動画あり

アダルトペアのホルスフィールド。是非お庭に数ペア放し飼いにしてみましょう。今シーズン販売個体の画像を追加いたしました。10ペア近くいましたが、現在ではこれがすべてです。ちなみに2月2017年に産卵もしました。これからの時期、屋外で飼育するとなおさら良いでしょう。♂は盛りでがんがん♀を追い回して噛むので通常は別けて飼育中です。

ケヅメリクガメCB トーゴ産
学名:Geochelone sulcate

SOLD OUT  ¥24,000-

動画あり

トーゴ産ケヅメリクガメ。顔を見てください。一般的に流通するUSACBのその顔とは違います。所々に色の濃淡があり、まさに野生っぽさが出ていますね。一応CBなんですが、ランチングから生まれた個体なのでほぼ野生に近い環境で孵化したベビーだと思います。現地個体の特徴が出ていて大好き。その元気さは動画を見ていただければわかります。

ヒガシヘルマンリクガメEUCB
学名:Testudo hermanni boettgeri

SOLD OUT  ¥16,800-

動画あり

リクガメビギナーに超おすすめ。値段もリーズナブルで、リクガメの飼育は楽しい!と教えてくれるカメです。常にお店には在庫しておきたい絶対的なカメなのですが、数か月在庫を切らしてホント申し訳ない。今回のは本当に良い大きさ。甲長で5㎝~6㎝位あるので、ベビーでもとても丈夫なサイズと言えます。エサを与えると我先に駆け寄ってきます。

フクロモモンガCB ノーマル
学名:Petaurus breviceps

SOLD OUT  ¥8,900-

意外に久々、ノーマルのフクロモモンガです。色変わりと比べるとかなり安価ですが、性格や可愛さは同じです。とても良いパートナーに育ってくれるでしょう。モモンガケージも是非ともご利用ください。モモンガの生活が観察しやすく、なおかつ汚れ等にも強いです。床材はココパームシリーズがお勧め!当店は爬虫類ショップにしてほぼ無臭と言うクリーンなお店で、もちろんフクロモモンガもかなりいるのですが、ニオイがない。

アイボリーケヅメリクガメEUCB
学名:Geochelone sulcate var

SOLD OUT  ¥275,000-

動画あり

アイボリーケヅメ。去年のCB。2016年はコンスタントに孵化したようで3頭も輸入できました。今回もとても良い個体がいたのですぐ許可を申請し、輸入。なんていうんだろう、白いだけでこんなにも綺麗なのかと。大きくなることを除けば本当にヘルマンに劣らないほど活発で人馴れもするカメで最高です。

アナムールギリシャリクガメEUCB
学名:Testudo graeca annamurensis

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

4年か5年ぶりくらいの入荷。何故入荷しなかったか?以前はトルコのファームで増やされていたCBがEAG(イーストアナトリアンジャイアント)とともに少しずつでありますが、輸入されていました。お客様の強いプッシュもあり、常にアナムールを探していたこともあり、今回輸入にこぎつけました。

ニシヘルマンリクガメEUCB
マヨルカ産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥42,000-

動画あり

上のペアからのCB!可愛いです。アプーリアに比べるとオレンジがかった甲羅の色が魅力です。まだまだ小さいですが、かなり素早く動き、エサをモリモリ食べています。今回入荷したアプーリア産のものとは色彩で簡単に区別がつくので面白いです。

ニシヘルマンリクガメEUCB
アプーリア産
学名:Testudo hermanni hermanni

SOLD OUT  ¥39,900-

動画あり

アプーリア産のニシヘルマンです。これでも生後4か月の個体です。まあ、ニシヘルマンはハッチが小さいので。。。ベビーからじっくり飼いこんで日々の成長を楽しみたい方にお勧めです。エサ食い良好、タンポポ、ヘラオオバコ、小松菜などをよく食べています。ソラーレ70UVなどの強めの紫外線灯を必ず設置して飼育に臨みましょう。

マルギナータリクガメEUCB2016
学名:Testudo marginata marginata

SOLD OUT  ¥16,000-

動画あり

う~ん、これもまだ小さい!こちらも10月末現在で生後3か月という所です。ご購入はベビーの飼育に自信のある方にお勧めです。初心者の方はもっと大きく、体力が十分についている個体を選びましょう。店舗で十分に育てて価格を上げて再アップをしたいと思っています(゜∀゜) 今ならちょっとお安め。

パーケリーナガクビガメEUCB
学名:Chelodina parkeri

SOLD OUT  ¥39,900-

お上品で好き。今にも消えそうな感じの淡い甲羅、白いグラデーション、気品がある顔。たぶんナガクビの中で一番好きかも。オブロンガ、エキスパンサ、ステインダックネリーなどとんでもなく高価なナガクビがいますが、純粋に見て、パーケリーが一番かっこいいと思います。そして、パーケリーはまあまあ飼いやすい。うん。冷凍赤虫、時折刻んだピンクマウスなどでがっちり育てましょう。水はカルキ抜きをした水を使用し、浅くしましょう。まだベビーで遊泳能力は低いため濾過とかない方が良いです。

マコードナガクビガメEUCB
学名:Chelodina mccordii

SOLD OUT  ¥55,000-

マコードナガクビガメ。思ったより大きなベビーでかなり満足。マコードの生まれたては本当に小さくてフニャフニャしているから、ハッチをここまで育てるのは大変なんですぞ。写真を撮影してあらためイケメンなナガクビだと実感しました。貴重、2個体完品。
冷凍赤虫、刻んだピンクマウス、冷凍エビ、乾燥エビなどを食べています。バラエティー豊かなエサでがっちり育てましょう。配合に餌付いたら価格を上げます(゜∀゜)

ブラジルレインボーボアEUCB
学名:Epicrates cenchria cenchria

SOLD OUT  ¥35,000-

皆さん、聞いてください。私の中では非常に伝説的なヘビです。小学生の頃、私はこのヘビのことをボーボアと呼んでいました。教養のなかった私はレインボーの意味を知らず、レインボーボアではなく、レイン(雨の日)にボーとしているボアという名前だと思い、レイン ボーボアと呼んでいました。ヘビには全く興味のない、家族や友人に囲まれて育ちましたから、もちろん誰もこの間違いを教えてくれず、かなり長くボーボアだと思っていました。

ホウセキカナヘビ メラニスティック
学名:Timon Lepidus var

SOLD OUT  ¥68,000-

小学生の頃からたくさんの爬虫類図鑑を持っていましたがどの図鑑にも必ず載っていたホウセキカナヘビです。「ヨーロッパのトカゲって全体的に超小せえんだな」とか、少年時代にホウセキカナヘビからいろいろ学んだのを覚えています。はっきり言って私が好きなトカゲ、ベスト20にランクインしている種類です。ホウセキですよ宝石。英名のJeweledlacertaから来ていると思うんですが、見事なネーミングですよね。日本では屋外飼育にて冬眠もできますし、最高のトカゲじゃないですかね。

ユンナンベニナメラ
学名:Orecryptophis porphyraceus pulchra

SOLD OUT  ¥68,000-

LTC(長期飼育個体)のユンナンベニナメラです。小さなベビーよりずっと飼いこみ。気づけばこんなにでかく雌雄が判別できるまでになっていました(おそらく♀)。HPをリニューアルし、らかぢめかに掲載できるものはないかと探していたらコヤツが目にとまった。冷凍ピンクマウスLを食べています。非常に安定したエサ食いと健康状態で、ほんとだったら売りたくない種類なのですが、わが社を盛り上げるためにひと肌脱いでいただくことにしました。

マレーベニナメラ
学名:Oreocryptophis porphyraceus laticinctus

SOLD OUT  ¥33,000-

ドイツCBのマレーべニナメラ。このあたりのヘビは個人的に好きです。ワイルドは特に飼育が難しいとされ、CBも神経質で弱い一面がありますが、動きも早くなく、ハンドリングしやすい。脱水と高温に注意ししっかりと環境に慣らして育ててればメキメキ大きくなります。特筆すべきは何と言ってもその美しさ。本当に美しいヘビですね。ピンクマウスSを食べています。とりあえず当方で4か月飼育していますので安心個体だと思います。

アムールラットスネーク
学名:Elaphe schrencki shrencki

SOLD OUT  ¥13,000-

別名カラダイショウ。好みは分かれるかもしれませんが、とても丈夫で飼育しやすいヘビです。日本での冬眠も可能な種類です。性格は温和だと言われますが、当方の個体はエサへの反応が凄まじく早く、ハンドリングしようとするとエサだと思って噛まれそうなのでまだ触ったことはありません。ビビっててすいません。なんかわからないけどいつも狙われてる感じがする。。。。(゜∀゜)

コーンスネークアルビノ
学名:Elaphe guttata guttata var

SOLD OUT  ¥5,000-

かめぢからCBのアルビノコーンスネーク。赤系がかなり強いアルビノです。冷凍ピンクマウスS~Mを食べています。息子がヘビ好きで、彼のヘビ飼育を手伝ううちにブリードできたり、売ったりと楽しませていただいております。最近小学1年生になったら息子はピンクマウスの解凍からピンセットでエサやりまでできるようになりました。

初心者向けヘビの代表種でしょう。

タガメ
学名:Lethocerus deyrollei

SOLD OUT  ¥4,900-ペア

タガメ(田亀)です。少年時代の憧れとも言いましょうか、子供のころ欲しいなあと思いよく見つけに行くのですが、自分の住んでいる地域には絶対いない水棲昆虫で、神みたいな存在でした。今では大人の知恵を生かして業者さんから仕入れている姑息なカメボスです(゚∀゚) 去年仕入れた個体で、無事に冬眠させて今に至ります。

セマルハコガメ国産CB
学名:Cistoclemmys flavomarginata shinensis

SOLD OUT  ¥35,000-

国産CBのセマルハコガメです。ベビーと言うよりほぼSMサイズのCB。ハコガメの飼育に挑戦したい方にはとてもお勧めです。もう、30年くらい前からペットとして流通しているセマルハコガメですが、いまだに安定と言うか不安定。いると思うとすぐに市場から姿を消します。専門店でないとなかなかお目にかかれない種類になっているのではないでしょうか。配合飼料OK、人にも慣れていて見ている前でもバクバクエサを食べる個体たちです。