らかぢめか

らかぢめか

※価格は全て税込表示です。

new

フクロモモンガ ホワイトフェイスCB

学名:Petaurus breviceps

¥35,000-

先月トップページにて告知しておりましたフクロモモンガですが、販売可能な感じになりましたので掲載いたします。2頭生まれてもう1頭は売れてしまいました。自力で問題なくエサを食べておりますが、まだまだ弱い部分があります。ストレスにならないような、程よいスキンシップと距離感が保てる方にお勧めいたします。モモンガミルクを主食に果物などを与えてください。是非、お店まで見にきてください!

在庫数1頭/1頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2016年6月 成体10㎝/180gくらい 病歴なし
入荷日2016年7月 原産地オセアニア マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地国産CB I類時登録票発行可能

タイリクベニナメラ国産CB

学名:Oreophis porphyraceus vaillanti

¥19,900-

下に掲載されているトリオからのCBです。はい。私が増やしました。だからトリオ購入しておけばよかったじゃないですかー。私が自分で増やしちゃいましたよ。4月に孵化しエサも毎週必ず食べるようになったので販売。ピンクマウスSサイズを食べます。CBであっても貧弱さがあるのか、飼育は少し神経を使いますが、必要以上に刺激したり触ったりしなければ丈夫な種類です。水切れと高温には注意しましょう。風通しが良い場所で飼育し、水場(常時湿らせたミズゴケを置くのも○)を設置してあげれば安泰です。

在庫数1頭/1頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2016年4月 成体70cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2016年4月 原産地中国南東部~ベトナム北部 マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地国産CB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

ブラジルレインボーボアEUCB

学名:Epicrates cenchria cenchria

¥35,000-

皆さん、聞いてください。私の中では非常に伝説的なヘビです。小学生の頃、私はこのヘビのことをボーボアと呼んでいました。教養のなかった私はレインボーの意味を知らず、レインボーボアではなく、レイン(雨の日)にボーとしているボアという名前だと思い、レイン ボーボアと呼んでいました。ヘビには全く興味のない、家族や友人に囲まれて育ちましたから、もちろん誰もこの間違いを教えてくれず、かなり長くボーボアだと思っていました。高校生の時に図書室で読んだものすごく分厚い動物図鑑に「ニジボア」と掲載されており、レイン ボーボアがレインボー ボアだと気づき発狂したのを今でも忘れません。でも、まあ、死んだ御祖母ちゃんなんか出光(いでみつ)石油のことを「しゅっこうせきゆ」だと40年も思ってましたから、「あり」だと思います。つまり僕が言いたいのはこれを読んでいるそこの君もきっと1個くらい今現在、絶対に間違った読み方しているものがあるってことです。クオリティーの高いEUCB。ピンクマウスOKです!
5個体すべてピンクマウスLサイズを食べました。11月24日画像追加掲載いたしました。

在庫数0頭/5頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2015年 成体約200cm/2kgくらい 病歴なし
入荷日2015年11月 原産地南米 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能

タイリクベニナメラ トリオ

学名:Oreophis porphyraceus vaillanti

¥158,000-トリオ

2♂.1♀の今年産卵しているペアです。当ペアのベビーが今年のハムショーで売られています。ちなみに一緒に入荷した小さい方のタイリクベニナメラはこちらからのCBではありません。これはまた別のブリーダーから譲ってもらったCBです。屋外飼育してクーリング、繁殖が望めます。ピンクマウスLサイズをすぐに食べました。小さなCBの流通は増えてきたものの、これほど見事なバイランティをトリオで入手するチャンスはなかなかないと思います。ヘビのブリードははっきり言って簡単なので増えるものだと思って飼育してOKです。特にアジア系の種類は日本の気候そのままでうまく行くことが多いです。1頭で写っているのが♀、2頭で写っているのが♂です。
4月5日2016年にCBベビーハッチしました。産卵数は3個でそのうち一つ孵化。順調に育っています。産卵経験、繁殖経験ありのトリオとなりました。確実にブリードを狙えます。

在庫数1トリオ/1トリオ 雌雄♂♂♀ 投薬の有無なし
生年月日不明 成体約70cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2015年9月 原産地中国南東部~
ベトナム北部
マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB/LTC I類時登録票発行可能

アルビノコリアンラットスネーク
ペア

学名:Elaphe schrencki anomala

¥99,000-

アオダイショウと同じように屋外飼育で放置してブリードが楽しめる種類ということでコリアンラットアルビノの入荷です。これからたくさん卵を産んでくれるヤングアダルトです。来年あたりにはブリードを狙えると思います。人気があるとは言えませんが、あまり輸入されない種類で以外に希少性が高いと思います。マムシと似た模様を持つと言われますが、自分にはそうは見えない。。。マムシはマムシ。この前マムシをプラケースに入れて観察する機会がありましたが、どこが同じ模様なのかさっぱりわからん(もちろんノーマルと言うことを前提で)。これはヘビをよく知らない素人から来たニュアンスなんだと思います。

在庫数1ペア/1ペア 雌雄♂♀ペア 投薬の有無なし
生年月日2014年 成体約120cm/500gくらい 病歴なし
入荷日2015年9月 原産地朝鮮半島 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能

タイリクベニナメラEUCB

学名:Oreophis porphyraceus vaillanti

¥26,000-

こちらはCBベビー。ブリーダーいわく♀2,♂2だと豪語していましたが、僕は信用していません(゜∀゜) 自分以外の人間はすべて嘘つきだと思っていますからね(笑)確実なこと以外は豪語してはいけないと思います。ま、本当にペアっぽいけど。ピンクマウスOKです。アメリカとかに売ってそうな派手なキャンディみたいな容姿がとてもいいですね。ヘビに詳しくない人が見たらびっくりするでしょう。成長すると淡い紅一色になりますが、光沢が最も出てくる亜種なので、レインボーボアのように光の加減で七色に見えたりします(トリオで出している即ブリ可個体をご参照)。このツルツル感がたまりません。

在庫数2頭/4頭 雌雄♂2/♀2 らしい 投薬の有無なし
生年月日2015年 成体約70cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2015年9月 原産地中国南東部~
ベトナム北部
マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能

マレーベニナメラEUCB

学名:Oreophis porphyraceus laticinctus

¥30,000-

ベビーはオレンジと紅の縞々という、色彩の配分的には一番好きな亜種。成長すると濃厚な紅色になってきますが、それも美しいです。暑さに弱い種類ですが、これからの時期はちょうどいい飼育ができるのではないでしょうか。ピンクマウスを食べたの確認済みです。気になるお客様はお気軽にお問い合わせください。上段画像が♂、下段画像が♀です。オスが2頭、メスが1頭とい う感じです。

在庫数2頭 /3頭 雌雄♂2、♀1 投薬の有無なし
生年月日2014年~2015年 成体約80cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2015年9月 原産地マレーシア
スマトラ島
マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能

アオダイショウ国産CB

学名:Elaphe climacophora

¥2,000-

祝、夏休みの科学展地区1番ということで、息子が自由研究で増やしたCBです。他にヒバカリも増やしました。日本固有種であるアオダイショウです。世界的に見ると非常に人気が高い種類で、海外のナミヘビマニアは好き好きでしょうがないようです。グリーンぽい光沢をもつものから青い光沢など変異が多く、コレクション性もあるでしょう。
夏休みの間、毎日毎日「卵孵った?」と、ケースを覗きこんでいた息子に自分の少年時代を重ねあわせて泣けてきます。心から爬虫類を語れるような友達が全然いなかったので、将来結婚して子供ができたらその子供と死ぬまで爬虫類を語り合う、その夢がかなっている私。その息子が夏休みの自由研究でヘビの研究をして地区大会代表とか、やべーどーしよー幸せすぎる。
昨年9月末にハッチしたベビー。エサは食べずに水だけを与えそのままかめぢから倉庫にて越冬させました。今年2016年4月に起こして水やりから冷凍ピンクマウスの餌付けに挑戦。3頭が冷凍ピンクを食べるようになりましたので、販売再開いたします。去年の夏休み、息子が自由研究でヘビの研究をした流れで産出したCBです。今年の自由研究の題材はツチノコにするそうです。

在庫数4頭/7頭 雌雄♂2、♀1 投薬の有無なし
生年月日2015年 成体約120cm/500gくらい 病歴なし
入荷日2015年9月 原産地日本 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地国産CB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

ホウセキカナヘビ メラニスティック

学名:Timon Lepidus var

¥68,000-

小学生の頃からたくさんの爬虫類図鑑を持っていましたがどの図鑑にも必ず載っていたホウセキカナヘビです。「ヨーロッパ最大のトカゲ」とか書かれていて、世界最大のコモドドラゴンに匹敵するのかと思いきや最大80cmとか言う記載が笑えました(゜∀゜)「ヨーロッパのトカゲって全体的に超小せえんだな」とか、少年時代にホウセキカナヘビからいろいろ学んだのを覚えています。はっきり言って私が好きなトカゲ、ベスト20にランクインしている種類です。ホウセキですよ宝石。英名のJeweledlacertaから来ていると思うんですが、見事なネーミングですよね。本当に綺麗だし。しかもオスは巨頭化までして迫力満点。綺麗なテグーみたいですよね。日本では屋外飼育にて冬眠もできますし、最高のトカゲじゃないですかね。今回メラニスティックを3頭を掲載していますが、個人的にアダルトペアを何頭も飼育しています。最大80cmって本当なんでしょうかね?80cmオーバーって言うのを見てみたいんです。夢ですよね。メラニスティックはホウセキカナヘビの黒化型です。よーく見ると薄く模様が見えるのが好きです。昆虫などをよく食べますが、成長すればバナナなどの果物も食べるようになり、飼育も楽な種類だと思います。あんまり売りたくないですが、お勧め。
最新画像掲載。HP販売用の個体が完売してしまったの店頭販売用に隠し持っていた個体を放出します。メラニスティックはこれが材後。絵朝食い良好です。この個体も屋外にて冬眠させた個体ですが、いい感じで目覚めて今年5月よりエサをよく食べ始めております。かなり大きめのバッタにも襲い掛かり食べちゃいます。

在庫数0頭/3頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2015年 成体約70cm/500gくらい 病歴なし
入荷日2015年8月 原産地ヨーロッパ マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • NEW(5月31日撮影/掲載画像)

  • NEW(5月31日撮影/掲載画像)

  • NEW(5月31日撮影/掲載画像)

  •  

フクロモモンガ ホワイトフェイスCB

学名:Petaurus breviceps

\38,000-

当店、かめぢからCBのフクロモモンガ。ホワイトフェイスのCBです。キタオポッサムようにかなり広い範囲で顔が白くなる当店のホワイトフェイス血統です。ホワイトフェイスは同じ名称でも、たいしてホワイト(白い)なフェイス(顔)じゃない個体も多数いるので本当に顔が白い上級品を探してみるとよいでしょう。残念ながら、ノーマルっぽいホワイトフェイスがかなり流通してますね。

お皿にいれたモモンガミルクを普通に飲むようになったので販売開始いたします。寂しがり屋の2モモンなのでじっくり触れ合えるお客様にお勧め。リクガメのように放置プレイはダメです。放置プレイが好きな方は是非リクガメを!店舗にて触れ合うことも可能です(要・ご来店予約)

上段4枚がメスの仔、下段4枚がオスの仔の個別画像です。
メスは売切れです。オス在庫あります。

在庫数1頭/2頭 雌雄- 投薬の有無なし
生年月日2015年2月 成体約10cm/180gくらい 病歴なし
入荷日2015年3月 原産地オセアニア マイクロチップ不要
寿命15年くらい 生産地国産CB I類時登録票発行可能

アオダイショウAD ペア

学名:Elaphe climacophora

\12,000-ペア

とりあえず冬眠明けでエサ食いを確認した1ペアいます。ワイルドなので多少のスレや傷はご容赦ください。画像は去年販売した個体のサンプルです。追って該当個体の画像を撮影し、掲載してきます。ちなみ、去年これらのペアよりCBの算出に成功しています。

在庫数1ペア/1ペア 雌雄♂♀ 投薬の有無なし
生年月日不明 成体約150cm/900gくらい 病歴なし
入荷日2014年/2015年5月 原産地日本 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地埼玉県WC I類時登録票発行-
SOLD OUT

ユンナンベニナメラ

学名:Orecryptophis porphyraceus pulchra

\68,000-

LTC(長期飼育個体)のユンナンベニナメラです。小さなベビーよりずっと飼いこみ。気づけばこんなにでかく雌雄が判別できるまでになっていました(おそらく♀)。HPをリニューアルし、らかぢめかに掲載できるものはないかと探していたらコヤツが目にとまった。冷凍ピンクマウスLを食べています。非常に安定したエサ食いと健康状態で、ほんとだったら売りたくない種類なのですが、わが社を盛り上げるためにひと肌脱いでいただくことにしました。

同サイズのオスを持っている方にお勧め。または僕がオスをゲットしたらHPより消すことにします。香港CB。

在庫数0頭/1頭 雌雄おそらく♀ 投薬の有無なし
生年月日2013年CB 成体約80cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2013年 原産地中国 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地HKCB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

マレーベニナメラ

学名:Oreocryptophis porphyraceus laticinctus

\33,000-

ドイツCBのマレーべニナメラ。このあたりのヘビは個人的に好きです。ワイルドは特に飼育が難しいとされ、CBも神経質で弱い一面がありますが、動きも早くなく、ハンドリングしやすい。脱水と高温に注意ししっかりと環境に慣らして育ててればメキメキ大きくなります。特筆すべきは何と言ってもその美しさ。本当に美しいヘビですね。ピンクマウスSを食べています。とりあえず当方で4か月飼育していますので安心個体だと思います。

在庫数0頭/1頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2015年CB 成体約90cm/300gくらい 病歴なし
入荷日2015年2月 原産地マレーシア マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

アムールラットスネーク

学名:Elaphe schrencki shrencki

¥13,000-

別名カラダイショウ。好みは分かれるかもしれませんが、とても丈夫で飼育しやすいヘビです。日本での冬眠も可能な種類です。性格は温和だと言われますが、当方の個体はエサへの反応が凄まじく早く、ハンドリングしようとするとエサだと思って噛まれそうなのでまだ触ったことはありません。ビビっててすいません。なんかわからないけどいつも狙われてる感じがする。。。。(゜∀゜)

こういった冬眠ができる種類は屋外に放すと日本の生態系を壊す可能性が高いので絶対に逃がさないようにしましょう。というか、ペットを購入したら最後まで飼育する。当店のお客様にはそうであってほしいです。当店で下取りをしないのもこういった信念を養うためです。少しでも多くのお客様にペット(ヘビなども)を家族として迎え入れる精神をもっていただければ嬉しいです。

在庫数0頭/2頭 雌雄 投薬の有無なし
生年月日2013年? 成体約150cm/1.2kgくらい 病歴なし
入荷日2015年2月 原産地ユーラシア大陸 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

コーンスネークアルビノ

学名:Elaphe guttata guttata var

\5,000-

かめぢからCBのアルビノコーンスネーク。赤系がかなり強いアルビノです。冷凍ピンクマウスS~Mを食べています。息子がヘビ好きで、彼のヘビ飼育を手伝ううちにブリードできたり、売ったりと楽しませていただいております。最近小学1年生になったら息子はピンクマウスの解凍からピンセットでエサやりまでできるようになりました。

私が死んだあと、かめぢからはへびぢからになってしまうのでしょうか。不安で仕方ありません。ビギナーの方にも飼育しやすいコーンスネーク。
初心者向けヘビの代表種でしょう。かなり赤味が強く綺麗です。

在庫数0頭/5頭 雌雄未確認 投薬の有無なし
生年月日2014年 成体約120cm/800gくらい 病歴なし
入荷日2014年11月 原産地北米 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地国産CB I類時登録票発行可能

コーンスネークキャラメルストライプ ペア

学名:Elaphe guttata guttata var

\69,900-

コーンスネークキャラメルストライプのペア。個人的はブロッチがある個体よりもストライプ系が好きです。なんていうか、この潔い模様。スラッとした感じ。地肌はキャラメルでなんていうか品があります。たしかに美味しそうな艶があります。すぐにブリードを狙うもよし、普通に飼育するのもOKです。アダルトマウスMサイズを呑めます。ハンドリングもできます。

在庫数1ペア/1ペア 雌雄♂♀ペア 投薬の有無なし
生年月日2010年くらい 成体約120cm/800gくらい 病歴なし
入荷日2013年10月 原産地北米 マイクロチップ不要
寿命20年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
SOLD OUT

タガメ

学名:Lethocerus deyrollei

¥4,900-ペア

タガメ(田亀)です。少年時代の憧れとも言いましょうか、子供のころ欲しいなあと思いよく見つけに行くのですが、自分の住んでいる地域には絶対いない水棲昆虫で、神みたいな存在でした。今では大人の知恵を生かして業者さんから仕入れている姑息なカメボスです(゚∀゚) 去年仕入れた個体で、無事に冬眠させて今に至ります。

寿命が長くて3年ほどなのでタガメ人生の1/3は過ぎてしまっている個体たちなのですが、飼育を楽しんでいただければと思います。「こんなすげえ凶暴な昆虫がいるんだぜ。トノサマガエル襲って食べちゃうんだぞ(正しくは体液を吸う)、スゲーだろ?」って多くの子供たちに知ってもらいたいです。

在庫数0ペア/3ペア 雌雄- 投薬の有無-
生年月日- 成体- 病歴-
入荷日- 原産地- マイクロチップ-
寿命- 生産地- I類時登録票発行-