ヘルマンリクガメの仲間

リクガメ新入荷

過去入荷生体および生体在庫は上のパネルよりご覧いただけます。
B品表記などがない生体はすべて完品となります。完品の定義についてはご利用規約をご参照ください。

初心者や女性の方へ飼育ケージのセッティングサービスも承っております。(基本2,000円)
詳しくはかめぢからのサービスをご参照ください。

※価格は全て税込表示です。

ニシヘルマンリクガメEUCB
サルディニア産

学名:Testudo hermanni hermanni

¥43,000-

ドイツCBのサルディニア産。前回、入荷したサルディニア産ニシヘルマンはフランスCBです。こちらはドイツCBなので、血統違いで面白い。今年のCBですが、思った以上に大きくなっておりメタハラの照射などカメボスの語りを実践していただければ綺麗に元気に育つでしょう。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。

在庫数2頭/2頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2018年 成体約16㎝/600gくらい 病歴なし
入荷日2018年8月 原産地サルディニア島 マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • 10月31日2018年掲載
     

  • 10月31日2018年掲載
     

  • 10月31日2018年掲載
    アプーリア産&サルディニア産

ニシヘルマンリクガメEUCB
アプーリア産

学名:Testudo hermanni hermanni

¥43,000-

アプーリア産ニシヘルマン。こちらもドイツCBです。サルディニアと違いがまだ出ておりませんが、アプーリアは総じて黄色が濃くなる傾向が強いです。レモンイエローのサルディニア、夕日のようなアプーリアと言ったところでしょうか。エサ食いOK、確認済みです。野草オオバコ、タンポポ、小松菜、青梗菜などをよく食べています。ラスト1個体です。最新画像を追加いたしました(2018年11月15日)

在庫数1頭/3頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2018年 成体約16㎝/600gくらい 病歴なし
入荷日2018年8月 原産地アプーリア/イタリア マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • 11月15日2018年掲載

  • 11月15日2018年掲載

  • 11月15日2018年掲載

  • 11月15日2018年掲載

  • 10月31日2018年掲載
     

  • 10月31日2018年掲載
    アプーリア産&サルディニア産

SOLD OUT

ニシヘルマンリクガメEUCB2015
コルシカ産

学名:Testudo hermanni hermanni

¥48,000-

ニシヘルマンリクガメのコルシカ産です。素晴らしく飼いやすいサイズで入荷です。フランスCB。ニシヘルマンは生まれたばかりですとヒガシより一回りほど小さく(ハッチだと30mmくらい)、5㎝にするまでがかなり大変です。5㎝を超えているニシでもまだ小さいですが、それでも生後1年~2年近く経っているわけです。今回のコルシカ産は6㎝以上あるサイズで生後3年物なので安心感がまるで違うでしょう。本日もオオバコ、青梗菜、小松菜をよく食べており、逞しさが垣間見れました。成長しても甲長16㎝前後とかめぢからケージで終生飼育も可能です。色鮮やかなニシヘルマンを是非この機会に。限定3カメ。

在庫数0頭/3頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2015年 成体約16㎝/700gくらい 病歴なし
入荷日2018年6月末 原産地コルシカ島 マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • 7月27日2018年掲載

  • 7月27日2018年掲載

  • 7月27日2018年掲載

  •  

ヘルマンリクガメ
(ヘルツェゴビエンシス)
EUCB2015-2017

学名:Testudo hermanni hercegovinensis

¥29,900-

ボスニア、クロアチアに生息する第3のヘルマン、ヘルツェゴビエンシスです。最近の研究ではヒガシヘルマンの1個隊群という考えもあるようです。まあ、鼠蹊甲板の有無で種を同定すると言われていますが、ヘルツェゴビエンシスにも鼠蹊甲板があったりなかったり(ない個体が多いが)、通常のヒガシヘルマンの中にも鼠蹊甲板がない個体もいるので結構あいまいなようです。別亜種が良いと思う方は別亜種として考え、同種だと思うならヒガシでいいと思います。私は他人が定める定義なんてクソだと思ってますから(‘Д’) 私がルールで私が定義で生きてますかめぢからです今日もよろしく。通常のヒガシヘルマン同様、非常に飼いやすい種類で、このタイプはあまり大きくもなりません。今回入荷した個体は黄色味がより強い個体で頭部の色彩も鮮やかだったりします。マニアから初心者まで幅広く飼育でき、うんちくも語れるリクガメです。生年月日にばらつきがあり1歳~3歳くらいの個体までおりますが、すべて同じ価格でOKです。1個体甲ズレです。

在庫数1頭/5頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2015年~2017年 成体約20㎝/900gくらい 病歴なし
入荷日2018年6月末 原産地クロアチア マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • 7月27日2018年掲載

  • 7月27日2018年掲載

  • 7月27日2018年掲載

  •  

SOLD OUT

トゲヘルマン
(ヒガシヘルマンリクガメVar)

学名:Testudo hermanni boettgeri var

価格検討中-応相談

動画あり

世界に一頭だと思います。ミューテーションとして色彩変異と言うのが一般的です。これは違う。形が違う。ここまで見事な形状変化のミューテーションは動物界全体を通して例が少ないです。例えばトラのアルビノでホワイトタイガーと言うのがいますが、もし牙が突然変異で伸びてサーベルタイガーみたいなトラがいたらもっとすごいと思いませんか?今回のミューテーションは言ってみればそういうレベルの物です。色じゃなくて形状。見事なまでのギザギザトゲトゲです。見れば見るほど不可思議不思議。トゲと言うことでイカツイ感じがしますが、元はヘルマン、愛嬌があって可愛いです。お前良く生まれてきたなー、よくかめぢからに来たなあと。やっぱオレもってる、センスがある、こういった個体と巡り合う才能(゜∀゜) 価格はびっくりするほど高価ではないですが、やはり価値のわかるお客様に(応相談生体の問い合わせ方法をご利用規約でよくご理解した上でお問い合わせください)。エサ食い、状態良好です。まあ、とにかく後ろ側のトゲトゲすごい。前側もすごい。よく見ると側面もトゲトゲしていて縁甲板が尖る何らかの遺伝子を持っている個体だと思います。ここまで綺麗にバランスよくトゲトゲが出るのは奇跡であり、こういった形状の違いから新種が生まれたり、別種として分化していくのではないでしょうか。もしかしたら「今」そういったタイミングに居合わせているのかもしれませんね。
5月31日最新画像追加いたしました。

在庫数0頭/1頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2013年 成体約20cm/800gくらい 病歴なし
入荷日2016年3月 原産地ヨーロッパ マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能
  • NEW(5月31日撮影/掲載画像)

  • NEW(5月31日撮影/掲載画像)

  •  
  •  

ヘルマンリクガメのなかま以外のリクガメ在庫はこちらです。