ハコガメ、陸型

ミズガメ新入荷

過去入荷生体および生体在庫は上のパネルよりご覧いただけます。
B品表記などがない生体はすべて完品となります。完品の定義についてはご利用規約をご参照ください。

初心者や女性の方へ飼育ケージのセッティングサービスも承っております。(基本2,000円)
詳しくはかめぢからのサービスをご参照ください。

※価格は全て税込表示です。

チュウゴクセマルハコガメADペア

学名:Cistoclemmys flavomarginata

¥230,000-ペア

動画あり

ベルギーのブリーダー放出ペア。♂♀ともにちょうど10歳くらいに個体で即繁殖可能、そしてこれからも長く卵を採れます。やっぱ、リクガメの3倍はスバヤイ。頭もでかくて攻撃力高そうだし、リクガメを見慣れているオイラにとってはちょっとしたプレデターだな。いい買い物した~と思ったが、ホント高いです。ユーロ/為替も前回輸入時よりも7円くらい上がっているし(前回115.83円、今回122.25円)、計算してみたらほとんど利益とれねえじゃんってことに気が付いて凹んでます。正規輸入。今後、セマルハコガメなど日本の天然記念物に指定されている種で、その種の外国産個体を飼育する場合はDNA鑑定と登録が必要みたいにしてもらって、違法セマル摘発すれば、うちみたいに真面目一筋でやっているお店は勝ち残るんで。サイテスI類に付属される爬虫類も増えてきているので、「登録をして許可を得て飼育する」という昔ではめんどくさい手続きも最近ではごく普通にやられるようになってきたと思います。このまま法の幅を広げてセマルもヤエヤマと中国産を分けるためにDNA鑑定による登録法を進めていくべき。恐らく現在流通しているアダルトのセマル99%がヤエヤマとなりお縄になるでしょう。あれらがヤエヤマで違法に採取された個体だとなぜ気が付かないんだろう。2個体とも2007年CBですが、血統は別々の個体になります。近親交配の心配はありません。

在庫数1Pr/1Pr 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2007年 成体約18cm/700gくらい 病歴なし
入荷日2017年3月 原産地アジア マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB/LTC I類時登録票発行可能

スペングラーヤマガメEUCB

学名:Geoemyda spengleri

¥48,000-

動画あり

とても元気に育っています。スペングラーEUCB。生き餌以外はあまり反応しないスペングラーですが、この個体は非常に慣れていてピンセットからもOK、置きエサでもOK。即座に反応してエサに食いついてきます。。。。と言うことで動画をアップしてみました。真夏になるとワイルドが入荷してきますが、ほとんどが死んで終わりと言う、スペングラー。毎年たくさんのスペングラー日本に輸入されては無駄に消費されています。そもそも暑さに弱いこの種類が真夏に輸入されてしまうのが悲劇。現地では真夏にはちょうど涼しい渓谷などでこの個体が採取され、涼しくない低地(超暑い)に運ばれます。その後、日本などに輸出されその先でばたばた死ぬというのがもう15年くらい繰り返されているわけです。ショップも死ぬのわかっているからさっさと手放したい、夏の風物詩的に仕入れて、イベントや夏休みセールとかで投げ売りする。今年も同じことの繰り返し。嘘だというならこの文章を保存して来たる夏にスペングラーに注目してみてください。そんなカメなんですが、品質が良くしっかり飼いこまれている個体は当店のように元気でして、しっかり人にも慣れて生き残るんですね。品質が良いというかオレの飼い方がうまいのもあるけど(゜∀゜) これほど♂♀が分かりやすくて、シーズンによってはペアも入手しやすいのに、国内CBがほとんどでないのは悲しいことです。恐らくそのうちサイテスIとかになると思います。そうなった場合、私の責任ではなく、100%ノリで輸入している業者や夏になると馬鹿の一つ覚えみたいに仕入れて毎年殺してるショップの責任です。カメが可哀そうだからもういい加減やめてくれと思う。

在庫数1頭/3頭 雌雄不明 投薬の有無なし
生年月日2016年 成体約11㎝/200gくらい 病歴なし
入荷日2016年8月 原産地中国、ベトナム マイクロチップ不要
寿命40年くらい 生産地EUCB I類時登録票発行可能

ニオイガメ、ドロガメのなかま以外のミズガメ在庫はこちらです。